FC2ブログ
2006/06/23

頑張る

今週はクラスの後に何人かの生徒さんから、「色んなことに頑張って疲れてしまうんですよー」という相談を受けた。
頑張るという言葉はなんとなく自分にとっては難しい言葉で、あまり使いたくない。
頑張ろうと思う事が活力になっていく人も多くいると思うのだが、頑張ろうと思うとどうしても力が入って疲れてしまう。
ヨガのポーズでも同じで、頑張ろうと思うとどうしても筋肉が緊張してしまい、解れていかない。
私は日常生活では頑張ると思うよりも、バランスを取りながらベストを尽くすように心がけている。自分の心と体と対話し、その時のベストを尽くし、出来なくってもそれでいい。
自分自身がどう感じるかが大事で、決して人と競わず、周りを気にせず、頑張りすぎず、ベストを尽くす。
言葉って物凄く威力があり、思っただけで自律神経の働きや脳内物質、ホルモンの出方が変わってしまう。
そこが肉体の面白いところなのですけどねー。
言葉のエネルギーを上手く使い、自分の心と体のバランスをみつけていく。
ヨガのポーズも頑張りながら静止するのではなく、バランスをとりながら微妙に常に自分の安定するセンターを見つけていくのと同じように、生活でも頑張り過ぎず、自分の安定したセンターを見つけながらベストを尽くすと心が萎縮せず、本来の力が発揮できるのではないでしょうか?

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

私も同感です。頑張りすぎは、体に良くないですよね。無理をすると、何処かに歪が生まれるでしょう。バランスをとる事、私も何時も心がけてます。それは体だけでは、ないですよね。仕事、家庭、趣味、友達、今は何に神経を注ぐか、考えて生活のバランスとってます。週末若いご夫婦が、遊びにきます。今はおもてなしレシピに神経使ってます。楽しんで料理作ろうっとv-14

私も「頑張る」って言うのはあまり好きではありません。まして「頑張って疲れる」と言うのは無理しているように思います。
よく「あの人は頑張ってるね~凄いね~」と言われる人が本人にしてみればそうでもないことってあると思うのですが、好きな事なら頑張っている実感が無いものです。
実生活では嫌な事をしたり無理も必要とは思いますが、ちょっとわがままになって自分を労わる事って大切だと思います