FC2ブログ
2007/04/11

美味しいビール

今日は久々に、一番絞りの無濾過の生のビールを飲みました。実に久しぶりのアルコールです。昨日チラッと見た、TVのビールの注ぎ方が、どうしても気になり、試してみたかったのです。

こんなにも注ぎ方によって、味が異なるなんて知りませんでした。目から鱗です。

苦いビールを飲むためには、ビールにショックを与えてはいけない。泡を少なく、ゆっくり注ぐ。
逆にまろやかにするには、泡を多めに、勢いよく三回くらいに分けて、炭酸を飛ばしながら注ぎ、苦味成分を上げるとよい。
サーバーからなら、グラスを上下にし、苦味をコントロールしていく。
トライしました。これが同じビールかしら?と思うくらい、全然味が違う。

どのビールも勢いよく、半分くらいグラスに注ぎ、その後ゆっくりと斜めにして注ぐのが、美味しいビールの飲み方だと思っておりました。
でも、注ぐスピードや泡のたち具合によって、自分の好みの味を自分でクリエイトしていくのが、本当に美味しい飲み方なのね。ビールってデリケート。

昔は、チェコビール、ピルスナーをよく飲みました。まろやかな味で、上品。夏はメキシコのソル、コロナ、テカテ、冬はギネスのような重いビールを好み、インドでは、キングフィッシャー、チャイニーズはチンタオ、タイのシンハーやコリアのOBなど、美味しい世界のビールは沢山あります。
けれども、泡との絶妙なコンビネーションを楽しむならば、日本のビールが一番かな。

皆さんも、ビールの注ぎかたを研究して、自分好みの味作り、楽しんでみてくださいね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント