FC2ブログ
2013/04/25

ストーンセラピー

以前ベトナムで受けた、熱い石をチャクラの上に置いて、バランスを整えるセラピーが気になっていたので、ホットストーンマッサージの勉強会に出席。

講師の先生は女性かと思っていたらあらビックリ、40歳半ばの男性。
私の他、整体師の男性1人と中国人2人の合計4人の受講生。

ホットストーンマッサージは、もともとネイティブアメリカンの病気や治療のもとに使われていたもの。

中国でも薬石として、昔は鍼のかわりに鋭い石でツボを刺激していたり、日本でも火で暖めた石を痛みのある患部に押し付けたり、空腹を防ぐために石で身体を暖めたりと、先人達も石を治療の道具として利用していた。

特にパワーストーンは様々な薬効を持っている。

ギリシャでは、翡翠で蛇にかまれたときに解毒したり、中国ではアメジストを粉にして飲むと妊娠すると言われ、古代ローマではアンバーで喉の全ての不調を治したり、チベット医学ではトルコ石が肝臓病治療に使われたり、ネイティブアメリカンなどはクリスタルなどを病気治療に利用していたり、と世界中で古代から薬石として活用されていたし、食べられていた。

うーん。病気になっても、パワーストーンを食べる気にはなれないが。
本当に効くのか、はたまたプラシーボ効果なのか。

そういえば、現代でも石をぼりぼり食べる人達っていたなあ。
石からミネラルなどの栄養とるため?

ちなみに自慢ではないが、大切にしているマイストーンをいくつか紹介。

先生からいただいた6角柱のクリスタル(魔除け、浄化)
知人からもらったピラミッドのラピスラズリ(幸運)
只見で拾ったレッドジャスパー (強い生命力、エネルギーが枯渇しているときは生命力を高めてくれる)
タイガースアイ (洞察力を高める)
トルコ石 (危険から身を守る守護石)
トルマリン (電磁波から身を守る)
ガレナ (困難にぶつかったとき自分の能力を発揮できる)
翡翠 (災害から身を守ってくれる。)
ローズクオーツ (愛と優しさの象徴)
などなど。

古代も現代も、石のパワーによって精神と肉体をリラックスさせたり、パワーをもらったりと強いエネルギーを受けているのは一緒。

そして今回新たにお世話になった石は玄武岩。
この石の渋さがいい。

玄武岩はマグマが地表で固まってできた火山岩。
組織の密度が高いため、熱が冷めにくく、身体のツボに置く事で、身体の深部まで温まるため、ストーンマッサージやヒーリングに一番活用されている石。

暖められた玄武岩は遠赤外線効果により、身体の深部まで熱が伝わり、血液や代謝を高め、石の波動やエネルギーが、身体に滞っている気を流して、身体と心を癒してくれる。

講師の先生は、玄武岩以外にも、ブラックシリカとういう天然鉱石がいいとおっしゃっていた。

この石は宇宙飛行士の毛利衛さんが、
「おかしな、世界で唯一、北海道であの場所からエネルギーが放出されている。一体なんだろう。」
と疑問に思ったことから発見された石だとか。

北海道上ノ国町の山中で産出し、実は昔から病を癒す石として知られていたそう。

数億年の間、海底の珪藻(けいそう)類が体積し、地表に隆起した天然鉱石で、多くのミネラルをふんだんに含み、常温でも強力な遠赤外線を放射する。

説明を一通り聞いていよいよ実習。
玄武岩はどこに?

電気ポットで保温されていた。

他の生徒さんは
「あ〜ら便利。私もそうしよう。」

まあ別になんでもいいけど、自分でするときは
ポットでなく、直火で暖めたいな。

1人ずつモデルになり、マッサージの練習。
足裏に石を置き、背骨やお尻、肩甲骨周りを丁寧に石と手でほぐす。

いやー気持ちがいい。
コンニャク湿布のように置いているだけで身体が温まる。

特に仙骨に石を置くと、手足の末端の毛細血管が広がるのですって。

玄武岩、欲しいっ。
ごつごつの石ではなく、すでに研磨されている、適当に大きい石。

購入するのではなく、拾いに行きたい。
どこに行ったらこの石をゲットできるのか、ご存知の方是非是非教えてくださいませ。
スポンサーサイト



2013/04/14

BBQパーティー

今日は友人宅で、BBQパーティー。
手作りビールや手作りソーセージに舌鼓。
素敵な人達とのおしゃべりにも花が咲き、楽しい一日を満喫。

2013/04/10

心は身体で調整

ヨガクラスが始まる前に、
「相手が急にかっとなり、怒りをぶちまけた時、気持ちをコントロール出来なくなる」
という話題に。

わかる〜。
実際、自分も他人の瞬間湯沸かし器行為に、何度心を掻き乱されたことか。

最近は少し大人になったせいか、修行!と思って対処している。

ということで、ブログをご覧いただいている方に、心が乱れたときの調整ノウハウを特別公開。

まずは、心が乱れることをビデオカメラで撮影するように、客観視は大前提。
マインドフルネス。自分に気付く。
エゴや自我をほおっておいてはいけない。

相手の怒りに自分が耐えられない状態にあるならば、まずそこの場から逃げるか、
呼吸で一時的に心を整える。

ヨガを学んでいる人ならば、決してその怒りに即座に高ぶった感情で反応しないこと。

時間がある程度たっても、心が元に戻らないようなら、
身体で逆刺激。
基本的に自然の法則として、歪んだら、逆のことをして整える。

イライラしていると、顔のパーツはみんな真ん中に集まってしまうので、
それらを離してあげる。

眉を外側に広げ、目を横下に流し、鼻を少し膨らまし、
口さけ女?のように口角を横に広げて、顔を緩める。

もちろん脳を騙すのも目的の一つ。
ランナーズハイで有名なベーターエンドロフィン、その他ドーパミンや、セロトニンまで溢れる可能性も大きいので、ストレスはかなり軽減される。

逆に心がゆるみ過ぎている時は、顔をシャキッとする。

又、心が子供のように落ち着きがなく、騒がしくて集中できなかったら、
マントラ等を唱え、心に余計なことを考えさせる余地を与えない。

暇だと心は余計なことばかり考えてしまうので、行動を忙しくすることでバランスをとる。

基本的には心が忙しかったら、身体をゆるめ、身体が忙しかったら、心を和らげる。

全てはバランス。
ストレスは自律神経を乱してしまうし、免疫力も下げてしまう。

常に練習あるのみ。
そして自分のやり方でコントロール方法を確証する。

心と身体が上手にコントロール出来るなら、心は最強の友になります。
2013/04/04

最近観た映画

ブログの更新が少ないとのご指摘をいただき、DVD鑑賞に忙しかったとの言い訳をする。
ということでリクエストにお答えし、2,3月に観たDVD映画のラインナップを簡単に一挙紹介。

1、道 
フェデリコ・フェリーニの監督作品、かなりおすすめ。
アンソニー・クインも素敵だが、ジュリエッタ・マシーナの演技が光る。
彼女はフェリーニの実の奥様。
ニーノロータの主題曲がまたいい。
最後は涙が止まらなかった。

2、タクシードライバー
マーティン・スコセッシ監督作品 
ディアハンターやゴットファーザーで大好きになった俳優ロバート・デニーロの代表作。 
NYが舞台。
ベトナム帰還兵の彼を熱演したロバートや13歳のジョディー・フォスターは必見。
ラストシーンの狂気に圧倒。
社会的、政治的、心理的等様々な角度から考えされる作品。

3、コットンクラブ
フランシス・コッポラ作品。
1920年代のNY、ハーレムのコットンクラブ。
ギャング、ジャズ、ダンス、恋愛のコンボ。
グレゴリーのタップがめちゃかっこいい。

4、マルタのやさしい刺繍
スイス映画。
80歳のマルタが、夫の死からなかなか立ち直れないでいたが、村の合唱団の旗を制作して欲しいとの依頼で、眠っていた才能が開花。
何歳になっても夢があればエネルギーが湧き上がる、勇気をもらう映画。

5、名もなきアフリカの地で
ドイツ映画。
第二次世界大戦時、ドイツからアフリカに逃げたユダヤ系ファミリーのヒューマンドラマ。

6、遠き空の向こうに
おすすめ映画。
炭坑の町ウエストバージニアで、4人の少年がロケットを飛ばす夢を実現させる。
ラストは号泣。

7、黒いオルフェ
期待しすぎていたせかちょっと内容は残念だったが、アントニオ・カルロス・ジョビンが作曲したこのボサ曲が大好き。

8、フットルース
20年ぶりに観た。
昔の自分もケビン・ベーコンのように感情をぶつけるダンスの虜だった。
曲がとにかくいい。

9、スモーク
NYのブルックリンが舞台の映画。
特に強いシーンが出てくる訳ではないが、何回もみたいと思う作品。

10、歓びを歌にのせて
スウェーデン映画。
有名な指揮者が病気を患って、故郷に戻り、聖歌隊の指導をしながら素朴な人達と出あうヒューマンドラマ。
ラストはやはり、、、涙。

11、シェルブールの雨傘
カトリーヌ・ドヌーブの美しいこと。
このメロディーが流れてくるだけで泣いてしまう。
映画「ひまわり」に似た切なさがラストに残る。

12、8月のクリスマス(韓国映画)
韓国映画は感動する作品が多い。
この作品も期待を裏切らなかった。
ハン・ソッキュの演技が光る。
多くを語らない演出は、観るものの世界が広がる。

13、リトルダンサー
この映画を観るのは2回目。
こちらはイングランドの炭坑の町。
ビリーを演じるジェイミーベルが可愛い。
そして子を思う父親の愛。
重さと軽さのバランスがいい作品。

14、インビクタス
大好きな監督、クリント・イーストウッドの作品。
マンデラ役にモーガン・フリーマン、ラグビーのキャプテンがマット・デイモン。
95年に実際にあった話。
ワールドカップ優勝で国を一体化させた感動のドラマ。
勝ち、負けにこだわることは苦手だが、勝利は団結力を強めるのに大きな役割を果たすのは事実。
マンデラはラグビーを国家統一の手段にした。
   
15、主婦マリーがしたこと
フランスの映画の巨匠、クロード・シャブロルの作品。
第二次大戦、北フランスのノルマンディーが舞台。
マリーは違法に堕胎を行い報酬を得るが、最後には処刑される。
この話も実話べース。この女性はフランスギロチンにかけられた最後の女性。

16、バグダットカフェ
3度目の鑑賞。
アメリカ西部、モハベ砂漠のモーテル、バグダットカフェに1人のドイツ人女性がやってきて、そこの住人達と心を開き、サビれたカフェを盛り上げる。
テーマ曲コーリングユーが大好き。

17、エヴァンゲリオン1.11、2.22
エヴァの世界観はとにかく興味深い。

その他、映画ではありませんが、関正生さんの英語勉強シリーズDVDはとてもわかりやすくて目から鱗。
おすすめです。
2013/04/01

沖ヨガ勉強会

ヨガの講師が集まる勉強会に参加。

本日の講師はM先生。
今っぽい言葉でいうなら、不思議ちゃん的存在の先生。

キャリアも長く、大ベテランのおじさま先生に向かって、
このような失礼なことを言っては大目玉をくらいそうだが、
やはりこの言葉が適切なのだ。

心配なくらい、とにかく人がよく、無邪気で不思議なエネルギーを醸し出す。

セミナーに少し遅刻した為、ウオームアップ終了間近に滑り込み。

何人かの様子が変。
栄養剤を飲んだ為、体に好転反応が現れているとか。

まだ飲んでいないのに、なんだか痒くなってきた。
ミラーニューロンのせい?

私も結局飲むはめに。
飲んで15分、なに?これ?
すごい反応。
耳から赤くなり、あっという間に顔も真っ赤、首は痒くなるし、腕や手も次第に赤くなる。
うわーん!かゆい〜。

ヨガをしている人は反応が出やすいらしいが、かつて何かを飲んで
こんなに変な状態になったことはない。
一体何?
100%天然由来のビタミンらしいが、これは自分にとって害になる気がした。

冥想行法の講義。
話が脱線してか、はちみつ浣腸まで登場。
コーヒー浣腸は有名だけど、はちみつ???

沖先生曰く、「断食期間中は寝床に本を置いておくと、本の内容を読まずに予想できる」らしい。

断食期間中でなくても、寝床に心が綺麗になる本を置いておくと、本のエネルギーで潜在意識のいいエネルギーが呼び起こされるかも。

早速試してみよう。

笑いに包まれた、あっという間の時間でした。