FC2ブログ
2012/07/31

オリンピック1

オリンピック、時間があるときは観てしまいます。
昨日の卓球試合も「寝ないと〜」と思いながら結局最後まで観てしまいました。

勝つ負けるというよりも、心理的な面、フォームや動きに着眼しながら観戦しています。
特に体操男子はかなり面白く観させてもらいました。

もちろん卓球も目が離せません。
昨日の愛ちゃんの試合、1ゲーム先取したものの、その後打ちいそいでしまい落としてしまいました。
3ゲームをジエ・リーにリードされたあと、冷静に自分のリズムを取り戻し、見事逆転。

忍耐強く、焦らず、呼吸を整えてリズムを大切に、冷静に、頭脳プレーではなく感覚を繊細にし、的確な判断をし、集中力を高め、重心を低くして上虚下実でプレーしている姿に感動します。

もちろんフォームも表面的ではなく、内側の気が整って、心が整って、外面に現れてくるフォームは見た目にも違いますね。

オリンピックこれからも楽しみ。
でも寝不足で顔がパンパン!

スポンサーサイト



2012/07/21

いじめ問題

いじめ問題が報道で取りざたされていますが、この問題を介してネット報道も含め多くのことを考えさせられます。

ウン十年前になりますが、私が中学の時もイジメや暴力なんて日常茶飯事。
中学2年生の時なんて8クラス中、2クラスの新米先生がノイローゼになって学校を去ってしまいました。

そのうちの1人は私の担任の先生。
新任の彼女は手かざしで皆をコントロールしようとしましたが、もちろん効果があるわけありません。

担任になって1ヶ月で突然姿をくらましたあと、ハートフルなベテラン先生が後任、3年に進級したときは新八先生のような熱血先生が担任。

結局最後までボンタン&パンチの見かけは改善されませんでしたが、
卒業式に不良の1人が
「先生に出会えてよかった」
と泣いていたのが今でも脳裏に焼きついてます。

中学生といえどもまだまだ子供。
大人が支えてあげることが重要なのに、自殺した学校の先生方、教育委員会などコメントを聞いているととても情けない、、、。

これを機に多くの虐め問題が解決されるといいです。

ある友人がこんなことを言っていました。
「現代人は裕福すぎて苦労を知らないから、感謝心や慈悲の心を失っている。だからこの国には韓国のように徴兵制が必要だ。」

徴兵制は決してピースフルではありませんし、個人的に自分は反対です。

ただ若い時に苦労や経験、訓練を積み、心と体を鍛え、何が生きるために必要なことなのかを学ぶことは、もっとも価値があり、尊いことです。

だから思春期に「徴兵制」の代わりに寺で1年修行する「徴僧制」なんてどうかしら?

精進料理、断食、回峰行、滝修行、座禅、ヨガ、お経を唱え、田畑を耕し、空いた時間はひたすらお掃除。
これこそシャンティートレーニング。

それから文科省の方々!
是非ヨガを中学で必修に。
ご希望でしたら、まずは文科省に出張ヨガ行きましょうか?


今日の一曲
2012/07/20

室温

梅雨明けのこの時期、気温の変化が激しくて体の調整がとても大変です。

クラスでも、スタジオが暑すぎて具合が悪いという方もいらっしゃる一方、涼しすぎっと感じる方もいらして、全員が快適な状態になるようにしたいのですが、なかなかむずかしいです、、、。

熱だまりなど危険スポットをみつけては風を流すようにしておりますが、つらくなる前に教えてくださいね。
一度言ったからもう言えない!なんて思わず、何度でも言ってください。

言いたいことはどんなことも我慢せずに直接当事者に言った方がいいのです。
ためてしまうとストレスの原因になります。

先日室温の件でスタッフさんに伝言されたそうで、ちょっと淋しく思いました。
なんでも私にどんどん言ってくださるととても嬉しいし、ありがたく思います。

いざとなったらクラスの最中、隣に座りこんで特製うちわで仰ぐことや、リクエストがあれば耳元で怖い話だってOK!

な〜んてことはないと思いますが、全員が気持ちよくクラスが受けられるように、ベストを尽くしますのでよろしくお願いします。
2012/07/06

人身事故

北千住に行く為、常磐線に乗った。
三河島駅手前で急停車。
人が線路内に立ち入っているとの車内放送。

その方は無事救出され、次の駅南千住手前で急停車。
今度は南千住駅にて人身事故。
梅雨で病んでいる方が多いのだろうか?

今月に入って人身事故に遭遇することが多い。

人生辛いことが多くても、心がどう感じるかによって辛いこともそう感じない。
辛いときや苦しいときはとにかくポジティブに思いを変えていくことがとても大事です。

思うエネルギーは信じられない力があります。

でもその前に重要なことは、常に体を浄化し、心を浄化して、強く鍛えておくこと。
不摂生な生活をしていたり、体に悪いものを摂取し続けていれば、神経システムやホルモンが正常に働くわけがありません。

この世の中すべて常に変化し続けていて、一瞬たりとも同じことはありません。
心の状態だってあっという間に変えることが出来るのです。

生活のヨガを行っていれば、辛いときや苦しいときも直感的にどうしたらよいのか自分が教えてくれます。

自分を救うのは自分自身。
常に前向きに生きる思いさえあれば、苦しみも自分の力になり人生を深めてくれることでしょう。