FC2ブログ
2012/05/23

ローザンス国際バレエコンクール

かなり遅れてしまいましたが、NHKで放送したローザンヌ国際バレエコンクールの録画を観ました。

毎年この番組をみていますが、今年の決勝はかつてみたことのない程のレベルの高さ。
こんな若くて、とてもアマチュアとは思えないプロ顔負けのダンサー達の競演でした。

最近の若い日本人ダンサーは顔が小さく、手足が長い。
そのうえ正確で、緻密、繊細さに加え、表現力もアップしています。

決戦に残ったダンサーのほとんどは素晴らしいテクニック、プレゼンススキルを兼ね備えていたので、大きな違いというのはやはりセンスの差。

音楽を聞いて踊るのとそれをリードして踊れるかは感覚的センスの問題。
振り付けの解釈の仕方も、時空の操作もセンスです。

菅井円加さんをはじめ観客賞をもらった15歳のハンナさん、ブラジルのエドソン君やドイツのミヒャエル君は全体的な個性とセンスがとても光っていました。

どんなことでもセンスが鍵ですね。
スポンサーサイト



2012/05/22

漢方セミナー

昨日の金環日食は神秘的でしたね。

先日漢方セミナーに参加してきました。
テーマは冷え改善。

伝統医学によると、気血水によって体の臓器や各組織が正常に働き、心身の活動が営まれています。
気は元気のエネルギー、血は血液、水はそれ以外の体液。
この3つがバランスよく、滞りがなければ体は健康で、不足すれば病気になります。

冷えのタイプをチェックしたあと舌診。
舌の状態をみることでその人の体質を知る事ができます。

舌の形、色、こけ、静脈をみます。
ピンク色をしていて、表面真ん中にかるく白い苔がついており、適度な潤いがあるのがいい状態。

私の舌は裏の静脈を含め全てが正常。
ただこの先の人生、舌の見た目で特するようなことはないでしょうねえ。

シヴァナンダアシュラムでの研修中、アーユルベーダの先生に舌診してもらいましたが、状態があまりよくなかったのに比べ、今はかなり体が改善されていると確信。

他の方の舌は真っ赤で腫れていたり舌白かったり。
赤い人はぽっちゃりした人が多く、白い人は細くて精気がなさそうな人が多かったです。

結局「なにを使ってもいい」と言われ、柿の葉茶ベースで陳皮(オレンジの皮)薄荷、桂皮(シナモン)を加えたオリジナルの薬膳茶を作りました。

柿の葉茶は癖があまりないので、バランスがよい美味しいお茶が完成。

今までは柿の葉茶にブレンドして飲んだことがなかったので、漢方食材を少し加えるだけでこんなに美味しいオリジナルティーが出来るなんて!

今度はどくだみベースで作ってみたいです。
2012/05/16

適応力

とても尊敬しているS先生に
嫌いなものや苦しみをどう克服するか質問してみました。
答えは「適応力を高めること」

寒さや熱さに対しての適応力があれば、どんな季節だって快適に過ごせるし、病気にだってならない。

どんな危機的状況でも適応力があれば、上手に生きぬくことができる。

先生は去年アブに100カ所刺されたが何とも感じなかったらしいのです。

私は去年の只見でアブの大群に追っかけられただけで暴れ馬状態。
まだまだ青い、、、。

もちろん先生の言葉には深く同意しておりますが、
適応力を高めるトレーニングに励んでもアブに100カ所は一生刺されたくないなあ。
2012/05/15

テクナットハン師ブラザーシスターの法話 

ティク・ナット・ハン師の僧院プラム・ヴィレッジ(フランス)より7名のシスター&ブラザーが来日していたので築地本願寺におはなしを聞きに行ってきました。

まずは1個のみかんを20分かけて食べる瞑想。
この瞬間こそラグジュアリアス(贅沢)な時間であるというシスターの言葉が印象的。

そして話題はマインドフルネスについて。

自分に気付かないから病気になる。
呼吸を通し意識を戻すだけで、自分の体と心に繋がることができる。

それにしてもメインで話されたシスターHさん、見た目はどうみてもティーンエイジャー。
話から推測すると40歳は軽く超えていると思うのだけど、かなりギャップがある。

一般的にアシュラムで生活をしている人達は、化粧をあまりしないし、ジャンクフードなど採らず体にいいものを常に食べているので、若くて美しい人達が多いです。

内面も外面もいつまでも若くて美しくありたいですね。
2012/05/09

自分について語りたいわけ

自分について話すこと(セルフディスクロージャー)は食べ物やお金の感覚と同じような満足、快感を得る事ができるとの研究が発表された。

The wall street journal

ほとんどの人って自分のことを話したいし、分かってもらいたいのよね。

自分のことを話すと、ドーパミン等の快楽物質が溢れ出るって非常に納得。

ある人が落ちこんでいたら、その人の話を聞いてあげて快楽物質を出してあげればいいし、自分が落ち込んでいたら、友人にセルフディスクロージャーして、ドーパミンを高めればいい。

脳内ホルモン、上手に活用してハッピーライフをすごしましょ。