FC2ブログ
2011/05/30

竹富島

更新が遅くなりました。石垣島観光の続きです。

石垣港からフェリーに乗って10分。竹富島へ。
P4030212.jpg

全体が隆起珊瑚礁で出来ている周囲9Kの島。
白い珊瑚の道、魔除けのシーサーがのっている赤煉瓦の屋根、ブーゲンビリアやハイビスカスが美しく街を飾る。

昨夜三線ライブ居酒屋で知り合ったお姉さんに「水牛に乗った方がいいわよ」と教えてもらったのでまずは水牛観光。
そういえば先日水牛が暴走したらしいが
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110508/dst11050817220010-n1.htm
私がのった水牛かもしれない。

水牛ガイドさんも38歳位だったし、暴れ牛に手を焼いているってボヤイていた。
でも水牛も気持ちを考えると自由を奪われて可哀想。
反乱起こしたのね。
P4030215.jpg

水牛ツアーはあっと言う間に終わり、レンタサイクルをする。
ここは竹富生まれの民謡「安里屋ユンタ」に登場する安里屋クヤマの生家。
竹富の塀は珊瑚で出来た石をただ乗せているだけなんだそう。
珊瑚が隆起したこの島は地面を掘れば珊瑚石の宝庫!
P4030244.jpg

カイジ浜へ。ここは星砂浜で有名なビーチ。
幸せの星砂が欲しいと思い探すがなかなか見つからず辞めて退散。
P4030227.jpg

ニシ桟橋
ここからの夕日がとても美しいらしい。
次回は是非夕日と星空を観ながら島でゆっくりしたい。
P4030233.jpg

人気のコンドイビーチ
P4030231.jpg

ひたすら自転車をこぎ、島の反対側へ。
P4030247.jpg

アイヤル浜
誰もいない海岸にちょっとナーバス。
P4030249.jpg

1人しか通る事ができない怖そうな展望台を順番待ちしていたが最終送迎に間に合わず諦める。
P4030254.jpg

キジムナーという妖精が住んでいるといわれる、神聖なガジュマルの木。
P4030270.jpg

2日目宿泊した民宿。
蚊が多く、私は彼らにとって絶好の獲物となった。
DSCN3041.jpg
スポンサーサイト



2011/05/19

チェルノブイリ調査 セシウム137の野菜への蓄積量など

野菜を選ぶ参考にしています。

チェルノブイリ調査 セシウム137の野菜への蓄積量
http://bit.ly/g9fgCU

ベラルーシ部屋さんのとりこみやすい食べ物も参考にしていますが、キャベツはチェルノブイリ調査と正反対。
http://img.blog.akaricream.com/20110507_840677.jpg

放射能を防ぐ調理法。
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/db6978ec66e45decd4c0dc87dfd335de

気をつけるだけで防げます。
放射能は何年単位で遺伝子が傷付くので、内部被曝と外部被曝の年積算量を減らすことが重要です。
そしてポジティブな思いが体を守ります。

ある科学者は「放射能を浴びると健康になる」とおっしゃっていましたが、極微量(あくまでも)ならばその可能性もあるのは否定しません。
もちろんこの誤解を招くコメントにはかなり憤慨して、心を落ち着かせるために少し時間がかかりましたけど。

ストレスにならずに是非良い機会と思って食べ物を見直し、免疫力を高めましょうね。
2011/05/18

野菜の放射能汚染

今更だが広範囲で牧草から放射性セシウムが検出された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110517-OYT1T00566.htm
http://mainichi.jp/select/today/news/20110519k0000m040047000c.html

先日は足柄茶から基準値超のセシウムが検出された。

ある一部の野菜等は国の指示で調べさせているが、他は自治体判断で出荷している。
放射能は下にたまる。

地上1Mで2.7μシーベルト/hでも地面上では20μシーベルト/h。
http://takedanet.com/2011/05/110515_1ff0.html

放射能はセシウムだけではない。
野菜も肉も半分は放射能の検査なんてしていないらしい。
もちろん検査をしなければ、出荷制限なんてされない。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201105/2011050300044

冷静に放射能を吸収しやすい物は遠方のものを購入するのをおすすめします。
防ぐ意識があれば放射能なんて大丈夫。
人間の体はそんなにやわではありません。
そして政府にだまされてはいけません。
無添加味噌も忘れずに!

追記
静岡知事の気持ちもわかるけども、、、微妙、、、
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110519k0000m040082000c.html
2011/05/07

石垣島ツアー観光

現地石垣島一周バスツアーに参加。
お客さんは20人程。
60歳?位のおじさんガイド。
結構面白いが後ろに座ってしまった為に、時々オチが聞こえない。
やはり前に座るべきだったと軽い後悔。
三線伴奏付き島唄や島言葉など多いに楽しませてもらう。
桃林寺や具志堅用高の実家の前を通り、まずは極彩色の唐人墓へ。

唐人墓
19世紀の中頃中国人奴隷達約400人がアメリカ船に乗せられカリフォルニアに向かう途中、彼らは虐待を受けた為暴動を起こし船長など7人を殺害。
船は石垣沖に座礁してしまい、石垣の人々が家を提供した。
しかしその後にイギリス人、アメリカ人が3回上陸して奴隷達は銃殺され128人が祀られているという悲しい歴史が残っているお墓。
P4030134.jpg

お次ぎは川平湾のある川平公園。
とても有名な日本100景にも選ばれている小島が浮かぶ景勝地。
光の加減や潮の満ち引きで海の色が変わるという。
黒真珠の養殖としても知られている。
グラスボートはツアーに含まれていないオプションであったが「グラスボートに乗らなかったら絶対に損をする」と言われてしまっては乗らないわけにはいかない。
P4030177.jpg

グラスボートを覗く。大きなシャコ貝がヒトデなどゴロゴロいる。珊瑚もいろんな種類があるがジャガイモ珊瑚しか名前は記憶にない。ニモもいた。
しかしグラスボートのせいかあまり珊瑚や生き物のエネルギーが直に感じなかった。
P4030160.jpg

ポーサーおばさんの食卓にてランチタイム。
http://www13.ocn.ne.jp/~po-za/
同席したおばさんは「原発から孫と逃げてきたが、両親が合流し苦痛になってしまったので一人旅をしているの」と語ってくれた。

ヤエヤマヤシ群落。国指定の天然記念物。
樹高25Mにもなる。
P4030189.jpg

ヤエヤマヤシはミミズみたいな根っこが印象的。
P4030187.jpg

枝を広げるために板根を発達させるギランイヌビワ
P4030191.jpg

玉取台展望台
絶景!
左側の東シナ海と右側の太平洋のコントラストがとても綺麗。
ガイドさんはここでウツボを捕獲して食べるのですって。
うつぼ食べるの不気味~。
P4030202.jpg

ハイビスカスも1年中咲いているが、置いてきぼりになりそうだったのでいいショットとれず、、、
P4030209.jpg

100年に一回しか咲かない?と言われているテキーラ原料である竜舌欄。
ちょっと枯れ気味だが100年に1回に巡り合えたなんて素敵!
P4030192.jpg


以上バスツアー修了。
フェリーにて竹富島に向かう。
2011/05/06

石垣島1

管総理が浜岡原発の全原子炉停止を中部電力に要請したニュースを聞いて大喜び。
とりあえず本当によかった。

先日ふらっと石垣島へ飛ぶ。
ほとんど知識がないので、まず観光案内で情報をゲット。 

もうすでに夕方だったので、ホテルで自転車を借り街探索。
石垣島も都会なんだなあ。
地図を広げて止まっていると幾度か地元の人が声をかけ教えてくれる。
素朴なふれ合いだがとてもありがたい。

市街地は離島桟橋を中心に飲食店などのお店が立ち並ぶ。

石垣島ターミナル
P4030122.jpg

石垣公設市場がはいっているアーケード街
DSCN3050.jpg

宮良殿内 首里の士族邸宅をまねた琉球王国の邸宅。国の重要文化財。
おじいちゃんが説明してくれるが、何を話しているのか言葉が聞き取れず。
DSCN3036.jpg

三線ライブをしている店に入る。
盛り上がっている最中カウンターに座る。
休憩中店員さんが気を使ってくださり、三線の引きかたを教えてくれた。
非常にシンプルな指使い。
三線の音色は癒しのパワーがある。
第2回目のライブ終了後は隣に座ったモデルのような女性と閉店まで話しこむ。

DSCN3052.jpg
2011/05/01

朝まで生テレビ

朝生をみる。
冒頭から日本原子力技術協会最高顧問の石川氏が
「炉心は全て溶けているだろう」と。

政府の炉心融解の%は適当に発表?
工程表も根拠がないのに適当に発表しているんだってことも知る。

被災地では保健所が炊き出ししてはいけないとのことで、50日たった今もカップラーメンとおにぎりの夕食。

他にも職場が被災して操業していなくても、雇用状態を確保するために「試用期間」として雇っているが、ハローワークにて8時間ビジネスマナーと電話の掛け方の講習を受けているとか。

復興構想会議のメンバーは増税という財務省の思い通りにするために集められた?

など知らずに驚くことばかりだが、これらは氷山の一角。
今にはじまったことではないが、あまりにも中枢が腐っている。

話は変わるが、GWにはいり多くのボランティアの方が現地入りしている。
私は色々な思いからまだ足を運ぶことが出来ていないが、勇気があり思いやりのある素晴らしいエネルギーを持った人達が、被災された方達へ愛と希望をたくさん届けている。

人々の気持ちが大きく動いている。
多くの人達が気づき始めている。

ポジティブでピュアーなエネルギーはダークエネルギーよりずっと強い。
災害や自然が教えてくれている。
今変わるべきだって。


このニュースは大きな進展!
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110501/k10015654051000.html