FC2ブログ
2010/12/31

御殿場、沼津旅行2

目覚めると晴天で気持ちがいい朝。
日本海側は荒れていたし、雨女であるからにして、内心どきどきしていた。

朝食時「どこに行くの?」と聞かれるが、まだ予定が決まっていない。
箱根の久保田一竹辻が花に行こうか、富士岡の風穴もみたいしなあ。

とりあえず御殿場アウトレットに向かおっと。
ユースを出て100mほど歩くと雪富士が目の前に広がる。
荷物を置いて写真タイム。

地元のおじいちゃんがタイミングよく前の家から現れる。
「ここは電線がはいるから、山の上の方がいいよ。まあ次いでだから乗せてってあげよう。」
とおっしゃってくださる。
誘拐されそうな感じは微塵もしなかったので、ちゃっかり車に乗せていただく。

車で山を登ること5分。
絶景スポット。
これこそ日本一の富士。
DSCN2968.jpg

ゴルフ場からの富士スポットでも降ろしてもらい
DSCN2974.jpg

さらにお言葉に甘えアウトレットまで送ってもらった。
ありがたいなあ。

開店まであと15分。
寒くて手足がかじかんでしまったのでコーヒーショップに入るが満席。
お店の前にも列ができはじめている。
DSCN2984.jpg

2時間くらいフラフラしていたが、結局目星しいものも見つからず、何も購入しなかった。
アウトレットに来て何も買わない女性ってほとんどいないだろうなあ。
タイの闇市だったら目が爛々と輝くんだけどね。

駅に戻り、沼津に行く事に決定。
母の実家があり、おじいちゃんとおばあちゃんがいた小学生の頃は毎年遊びに行っていた場所。

まずは沼津港。
DSCN2992.jpg

ここではやはり思い出よりも食い気が勝る。
選んだお店は港食堂。
オーダーしたブリトロ炙りは最高!!!

お腹も満たされ、千本浜まで歩く。
毎年泳いでいた海。
胸がいっぱいになり、しばらく浜辺に腰掛けノスタルジアに浸る。
DSCN3010.jpg
(右上は富士山)

千本浜公園へ。
DSCN3015.jpg

小学1年生の時、従兄弟達とここで蝉を100匹捕まえ彼らの部屋に放った。
今でも悪夢、トラウマ!!!夢で魘されることも度々。
しかしパラドックスではあるけど、とても可笑しい思える。

駅前スーパーにて「安い!」と思って40%の干物を購入。
沼津の干物は東京で買うものとは味が違うので、美味しい魚を安くゲットした喜びでちょっと満足気。
一周してから再びその店前を通ると半額セールの開始。
知らぬが仏。
ガクンと肩を落とす。
自分って小さいな~と思いながら東海道線にのりこむ。

帰宅後、映画「モーターサイクルダイアリーズ」を観る。
チェゲバラが若い時、アルゼンチンからパタゴニアを通りアンデス山脈を通って、ベネズエラカラカスまで友人とバイクで南米大陸横断の旅にオンボロバイクで旅に出る。
過酷な旅をしながら多くの人々と出会い、心を成長させていくゲバラの印象に、強く好感を抱いた。
非常に心に残る映画で2010年を締めくくる。
スポンサーサイト



2010/12/31

御殿場、沼津旅行1

年末恒例一人旅。
今年は近場で!ということで、御殿場に決定。

15時御殿場到着。
ユース行きのバスは休日ダイヤの為、ほとんど運休。
15時25分が最終。
セーフ!

バスの乗客はたった2人。
乗ること20分。
二の丘下車。
バス停斜向いの交番に寄るがが、おまわりさんは巡回中で不在。

HPによるとユースまで徒歩25分。
無事迷わず辿り着けるだろうか?

バス停近くに秩父宮親王さまが戦中戦後過ごされた別荘である秩父宮記念公園を発見したが、年末休みの為クローズ。
残念だが暖かい時期に是非訪れたい。
DSCN2937.jpg

ひたすら歩く。
東山湖に出る。
DSCN2943.jpg

この人造湖には鮎が放流されているらしい。
女性釣り師が大勢釣りを楽しんでいた姿が印象的。

さらに早足で進むが人通りが全くないため少々不安。
DSCN2953.jpg

歩く事30分、ユース発見。ホッと一息。
DSCN2956.jpg

ノールームメイト。
ユースのガールズ部屋は経験上大概盛り上がるのでちょっと残念。

お風呂でゆっくり暖まり6時30分より夕食。
お刺身の盛り合わせ他、こんなに豪華な食事はユースでも珍しい。
食堂にて旅なれたプロカメラマンとそのまま22時まで話しこむ。
経験豊富でとても面白い人達に出会えるのがユースの醍醐味。

長時間話しすぎて身体がすっかり冷えてしまい、再びお風呂でゆっくり。
漫画がずらり本棚に並んでいて、何冊か部屋に持ち込み楽しむ。
2010/12/01

自分へのご褒美

今年は自分へのご褒美を購入する人が多いらしい。
私はブランドものや高価なジュエリーなど全然興味がない。

自分にとってのご褒美は?というとやはりヨガ。

苦行というものがヨガだ!とヨギー達には叱られそうだが、自分はご褒美ヨガでいいと思っている。
もちろん苦行が義務になったらそれは受け入れるけど、今のところヨガ=身体へのプレゼント。

ただし自分にとって、楽なポーズも好きではあるが、苦手なもの、難しいもの、辛いポーズを耐えるのが好き。(Mっ?)
辛いポーズではβーエンドロフィンが抽出される心地よさ。

ポーズの後の解放感はさらにαー波がたくさん放出され、溢れ出し、何ともいえない心地よさに包まれる。
ヨガの醍醐味。

身体を伸ばすと体中がミシミシ音をたてて「嬉しい」って答えてくれる。
脳、骨、細胞、神経、血管、内蔵、筋肉、結合組織君達も ピキピキと喜ぶ。
身体の毒やネガティブエネルギーも出て行くし、ピュアなエネルギーが湧き上がる。

背骨に刺激を与えれば、神経の働きだってよくなるし、骨髄だっていい血液を生産する。

ヨガをしないと気の流れが偏るし、身体は重たくなるし、弱い身体と心になるし、食欲や物欲などの欲望もメラメラと燃えてストレスが増える。

集中力もなくなり、物忘れが多くなったり、失敗したり、怪我をする。

お肉が食べたくなる。
動物達はは死ぬ間際に強い恐怖に怯えて、苦しんで死ぬので、それらを食べることにより、身体がさらにネガティブモードに傾くとも言われている。
なので身体がサットバ(浄性)の状態の時にはあまり食べたくない。
(と言っても魚は食べるので自己矛盾!してるが)

甘いものもたくさん食べるので、身体が疲れやすい。
身体に悪いものが欲しくなる。
加工品等添加物を含んでいるものを多く食べるので、小腸が「こんなもん吸収したくない!」と嫌がり、反乱を起こす。

自分への一番のご褒美はエネルギーに満ちて、健全な精神で、元気な身体。
健康で元気であることが一番のご褒美だと思いませんか?