FC2ブログ
2010/02/24

フィギュアスケート

ブログ久々の更新です。
風邪をひいたり、ばたばたしていた。

今日はオリンピックフィギュアスケート女子。

よくインタビューで選手達は
感動させる演技ができればいいと思うとか、パーフェクトに出来たらいいと答える。

でも本番前にあまりそんなことは思わないであろう。
そんなことを思ってしまった時点で力みを生むだけだ。
ベストを尽くすこと、自分を信じて正確に最大限に楽しむことに意識を向け、試合に臨むのだと思う。

滑っている最中は、トランスしている自分と冷静で客観的な自分がいる。
いいパフォーマーは演技中は意識外が気になることがない。

演技者が時空を支配し、音楽までも引き寄せられるならばさらにいい。
そして息で踊る。
タイミングと呼吸の厳密な計算。

そして何故滑りたいのか?
何故人間は試合が好きなのか?
戦いたいのか?
大きな理由はゾーンに入れるからである。
楽しみに観たいと思う。
スポンサーサイト