FC2ブログ
2010/01/19

森のラブレターから

先日録画した番組、「森のラヴレター」を観た。
脚本家である倉本聰さんの富良野自然塾。
元ゴルフ場に木を植え、森を戻すプロジェクトを進めている。
生物にとって重要な空気と水を取り戻す為に。
命を支える木、そこから流れる水は大地を潤す。

ウルイという魚は一列になり、産卵の為に上流に向かう。
死んだ魚は腐って解け、森に栄養を与える。
命の輪。死んで自然に戻る。
ちなみに私も死んだらお墓に入らず海に戻りたい。

最近は魚達にとって繁殖しづらい川になっているのだとか。
ダムによって魚達は上流に行けず、下流には砂利が流れてこない。
森林伐採により、森に保水力がなくなる。

川の流れは血管だと倉本さんはおっしゃっていた。
それを人間達が意味なく止めている。
血管をズタズタにしてしまっている。
海から森への流れを止め、森から海への流れを止めてしまっている。
自然が叫んでいる。

愛知県岡崎市にある、マタニティーの中では有名な吉村医院。
妊婦さんは米ぬかの入った巾着で柱ふきをしたり、薪割り、井戸くみ、かまど炊き、畑を耕しながら体と心を鍛える。
それにしてもスクワットの運動がほとんど。

GHQの介入により、日本の本来のお産はアメリカ式になってしまった。
しかし最近お産の家のように、ロハスな生活を求める人により、人間本来の生命力で産む昔のお産が見直されている。
陣痛は子供がお母さんって呼んでいること。
お母さんが産むのではなく、赤ちゃんが自分で出てくる。
多くの妊婦さんは痛さでパニックになってしまうが、経験上自然力を高めてお産した人は皆いいお産をしている。

幸せって何?という答えに倉本さんは今に満ち足りていることおっしゃっていた。
どんなに不足していても満ち足りていると思えばいい。
ヨガの心である。
一瞬一瞬移り変わるどんな瞬間も幸せだと感じること。
どんな状況でも自分の心が豊かであることが幸せであり、物質的なものから解放されること。

自然に感謝することを忘れてはいけない。
文明が発展すればするほど、便利になればなるほど、自分は自然に戻りたいと思う。
スポンサーサイト