FC2ブログ
2009/10/26

奇跡のリンゴ

ユースのペアレントから又奇跡のリンゴの木村さんの話を聞いた。
キッチンの本棚にも奇跡のリンゴ本があり手にざーっとみる。

何人もの方から彼の話は聞いていたのだが、本も読んだことがなかった。
先日の朝テレビ付けると、そこには満面の笑みの木村さんがいた。
思わずその前に座りこんで番組をみる。

その日に彼の事を書いた本、
奇跡のリンゴ 幻灯社 石川宅治著
を購入し、一気に読んだ。

木村さんという方は、岩木山の麓のリンゴの無農薬栽培に成功して、今や彼のリンゴを食べる事は不可能に近い。
しかし彼の無農薬栽培への挑戦への苦労は、この本から充分伺い知ることができる。

リンゴは1年に13回位農薬を散布しているらしい。
だから日本のリンゴは怖くて皮を食べる事ができない。
一番栄養があるのは皮とその周りであるのに。
農薬を撒かないとカビや菌にやられてしまい、害虫が多く発生する。

思ったよりリンゴの無農薬栽培は難しかったそう。
6年間実のることなく生活も苦しくなり、木村さんは絶望感に襲われながら満月の岩木山を登る。
そして死のうとした瞬間、月光に照らされていた木を見つけた。
森の木々は農薬を必要としていなかったことに気づく。

目に見えないものは見落としがちである。
人間であっても同じこと。
神経の働き、骨、内分泌、筋肉、結合組織やエネルギー、気、血、水の流れなどが整って、外側が輝く。

植物も自然界では落葉樹を分解する微生物や虫がいてからこそ、栄養のある土ができ、種や草が根を伸ばし、土の深い部分まで耕す。
自然の力というものは共存し、支え合って成り立っているのに、表面である虫や菌を殺すことに心を奪われて、大切な部分を忘れていたと。

虫や病気はリンゴの木が弱っていたから大発生するものであり、本来の力、自然治癒力が備わっていれな本来の植物は自分で自分を守ることができるのである。
以前は病気にかかったら葉が全部枯れて落ちてしまっていたのに、それに気づいてから作ったリンゴの葉は、葉は元気なまま感染した部分だけ葉が穴をあけて落とすらしい。

そして私を惹き付けたのはエピローグだった。
奇跡のリンゴは高額な値段をつけているのだと思ったからだ。
人というのは一般的に自分が何か特別な事を発見したり開発すると金欲に繋がる。
それが普通の人の感覚だし咎めもしない。

でも彼は5倍でも売れるリンゴを通常の価格で販売して、贅沢することなく、自分の発見したノウハウを惜しみなく、誰にでも教えているのだとか。

なんて素敵な人なのでしょう。
自分も金欲に眩むことなく、自然に感謝して他の人に尽くすことができる気持ちを忘れないで生きていきたい。
スポンサーサイト



2009/10/17

伊豆高原4

朝から美味しい手作りのパンをいただき、昨日盛り上がったメンバーで城ヶ崎の門脇吊り橋へ。
城ヶ崎海岸は大室山が4000年前に噴火をした時に溶岩が海岸に流れ込み、浸食して出来た海岸で、絶壁である海岸線がすごい。
吊り橋は48Mの長さで高さが23M。
DSCN1895.jpg

絶景スポット
息を飲む美しさ。
DSCN1891.jpg

皆と別れ、修善寺へ。
修禅寺は縄文時代からすでに遺跡の跡が見つかっていたらしが、弘法大師がこの地に足を踏み入れたのが、平安時代。
そして鎌倉時代には源頼朝の息子で第2代目頼家、義経の6子が殺害された地でもある。
まずは弘法大師さまが開基された、修禅寺へお参り。
DSCN1913.jpg

指月殿へ。
お風呂で暗殺された頼家の為に北条政子によって建てられた。
隣の頼家のお墓に手をあわせる。

そこから深い山に続く道があり、登ると源義経像に会えるというので、少し登ってみたが、あまりに人がいないのと、絶対に山には1人で行ってはいけないという掟に従い下山する。

竹林の小道
紅葉きれいだろうなー。
DSCN1933.jpg

独鈷の湯の足湯にはいる。
この温泉は弘法大師さまが、桂川で疲れた父親の体を息子が洗っているのをみているのに水では冷たかろうと言って、川岩を独鈷杵にてくだき温泉を湧かせたのですって。
父の病は平癒されて温泉が伝わったらしい。
伊豆最古の温泉。
体をぽかぽかにして修善寺を去る。
今回の旅もいい経験をし素敵な人達に会えた。
2009/10/16

伊豆高原3

2日目は伊豆をずっと南下。

伊豆北川
海と隣接している温泉
DSCN1821.jpg

白浜海岸
絶対又ここの海岸には泳ぎに戻って来よう。
DSCN1823.jpg

石廊崎
白く見えるのが灯台。中央に見えるのが断崖絶壁に建つ石室神社の社殿。
DSCN1877.jpg

浸食された岩
DSCN1832.jpg

この岩には、かにザルが生息しているらしのだが、餌を食べ過ぎで誰も姿をみせてくれなかった。魚の宝庫だって。 
DSCN1852.jpg

これらは少し小さめで釣りには不向きの岩だが、多くの岩礁の上で釣り人がみられた。
DSCN1854.jpg

河津から伊豆の踊り子のトンネルに向かう。
時間切れでトンネルまでたどりつくことが出来なかったが、天城は緑が深く素晴らしい。耳元では天城声のメロディーが。しかし昔の友人の悪影響のせいで、あえぎ声って浮かんでくるのは私だけだろうか。
DSCN1889.jpg

宿に戻り、美味しい夕食を頂く。温泉に連れて行っていただき、露天風呂を満喫。
ティータイムでは新たなメンバーと合流し盛り上がる。
2009/10/15

ティータイム論議から

3人のみの宿泊者だったのでゆっくりとした時間を楽しむ。
夜はガーデンで採れたカモミールを使ってティーパーティー。
ペアレンツの奥様は自転車を担いで日本一周を制覇したとか。
憧れちゃう。

最初は和やかだったのだが、いつの間にかアメリカの話になる。
そして話がブッシュ政策の戦争の話に。
多くのアメリカ人がイラクの派兵に賛同したと言われ強く反論。

ニューヨーカーは10万人規模のデモ行進をし、ポリスに多くの人が逮捕された。
人道的で戦争反対、平和を求めている人々はとても多いのに、トップの行動だけでアメリカ人は非人道的な人間の集まりとレッテル付けてしまうことが残念に思った。

それから戦争や社会の話になったのだが、こういう話題のとき、時々正義と平和主義を唱える方と意見が噛み合ないことがある。
もちろん全ての生物が幸せに生きる権利があるし、戦争は許されるべきではない。

しかし勝ち負けを競うことが好きであったり、自分を認められたい、人よりも優れた人間でいたいという比較願望や欲望が強かったりする人が多いのも確かである。

それぞれの環境や思想教育によっても何が正義であるのか大きく変わるので、戦争を好む人達のいわゆる正義という思想が異なるということを分かった上でどうすべきか論じなければならない。

戦争を行使する人々の思想は、征服欲望、金欲や執着、仲間以外敵とみなす教育や憎しみ、情報がないことによって起きる無知であるが、宗教などが関わっているととても難しい問題である。

表面的なものではなく、奥底にあるものを知っていかなければ、真の平和や幸福は訪れないだろう。

自分の思いが上手に伝わらず、相手の方に少し嫌な思いをさせてしまったのだった。
2009/10/14

伊豆高原1

用事を済ませ、時間があったので、ふらっと伊豆へ。
たまたま伊豆高原のYHの宿が空いていたので、そこに宿泊することに。
全く下調べも何もしていなかったので、伊豆高原に着き、観光案内で情報ゲットする。
近くに高原の湯という露天風呂があるというので、まずそこに行く事にした。
木に囲まれた露天風呂でゆっくりしたあと、夕食を食べて宿に向かう。

日本のユースは3度目。海外のユースは何カ所も利用している。
ホテルでは起こりえない、ユニークさが大きいな魅力だ。

例えばハワイ。
YHにチェックインした後、部屋を開けると20歳位のイケメンアメリカ男子3人が裸で寝ている4人ベット部屋に案内された。
無理~!と思って部屋を変えてもらい、女の子3人と男の子が1人の部屋に変えてもらうが、朝起きると男の子と2人きり。
ユースを変え、女性専用9人部屋にしてもらう。
ある日2段ベットの下に寝ていると、ハワイに大地震が起こったと思い飛び起きる。
地震ではなくベットの鉄の棒が曲がっていた。
100KGはある女性が上に寝ており、寝返える度にポールが歪む。
その後はもちろん押しつぶされる恐怖ですっかり目が覚めてしまった。

でもサーフィンデビューしたのもルームメイトのおかげだし、様々な国の人達と関わりあいをもてたり触れ合ったり楽しみの方が多かった。

(続く)