FC2ブログ
2009/08/13

東京湾花火大会

仕事後、東京湾花火大会の為、お台場の友人宅へ。
去年は親戚の辰巳の家から、一昨年は勝どき橋から、3年前は月島のお姉さんの家から観た。
ゆりかもめは混雑して大変だろうと思ったので、急遽りんかい線に変更して東京テレポート駅で待ち合わせ。
駅が広いので、思った程の混雑にも巻き込まれず、海岸沿いを歩いていると、花火がはじまった。
お台場は穴場だと判明。
道路に座ってみてもいいなと思う。

もうすでに友人宅には3、40人位集まっていた。
23階のベランダに出ると、目の前はレインボーブリッジと東京湾が広がる。
打ち上げ筒まで見え、視覚になるものが何もない。
レインボーブリッジや東京タワー、屋形船の光がさらに夜景を彩る。

点滅物スターマインが好きだが、今年印象に残ったのは輪のスターマイン。
金の菊もの花火も美しい。
フィナーレは拍手が鳴り止まなかった。

今年の花火はロケーションのせいでもあるが、さらに花火師の力作が多く観られた気がする。
ちなみに花火は2尺玉で60万円近くするらしい。
さらに高価な花火だともっと値が張って、恵まれない人達の寄付になれば、どのくらいの人が助かるんだろうなどとも思ってしまう。
世の中そんなジレンマだらけなのだが。

花火は純粋に奇麗だし、素晴らしいという気持ちももちろんあるが、こんなに心待ちにしている大きな理由の一つに、昔の記憶が呼び起こされるからでもあろう。
小さい時浴衣を来て、両親や今やもう亡くなってしまった親戚に連れられて、花火大会や祭りによく参加していた時の楽しかった思い出がフラッシュバックされる。

花火は物質的な贅沢ともいえる一瞬の楽しみではあるけれど、家族、友人、恋人達など同時にたくさんのドラマが繰り広げられている空間。
今年もいい思い出になりました。
スポンサーサイト