FC2ブログ
2008/10/21

おばあちゃん 天国へ

10月18日(土曜日)午前1時23分
祖母が他界しました。
享年102歳。
叔母の手厚い介護により、祖母は幸せな人生だったと思います。
スポンサーサイト



2008/10/13

御岳山へ

最高の秋晴れだったので御岳山へ。
小学校にとき以来かしら?

駅に着くとバス停には長蛇の列だったので、多摩川にて美しい渓谷を堪能し、カヌー競技の観戦。
あんなに早い川の流れをコースを下るなんて(時には上る)スリル満点。
でもテクニシャンはさすがクール。カッコイイ。

お腹がすいたので蕎麦や玉川屋さんへ。
もりと天ぷら、岩海苔を注文。
絶景を見ながら、美味しい手作りお蕎麦は最高。

グットタイミングでバスに乗り込み、モノレールに乗りついで、標高831Mへ。
降りると大きめの串団子が墨で美味しそうに焼かれていて、満腹だったのに目が釘付け。
香ばしい匂いが追い討ちをかけ、あとはご想像の通り。

摂取した分消化する!と意気込んで、ハイキングコースを選択。
まずは武蔵御嶽神社へ。
結構急な坂道と階段をのぼり、ふーふー言いながら、辿りつく。

標高929M。BC90年崇神天皇が創建したと伝わる関東一の霊場。
やまとたけるのみことが妖霧に道を見失うと、白狼に導かれて救われ、それ以来魔物退治よけの神としてお犬様の霊験の信仰が始まったらしい。

お参りしたあと、関東平野の景色を見渡す。都庁やヒルズも見える。
さあこれからハイキング3時間コースへいざ出発と思いきや、薄着だったので、お腹が冷え急に痛みを感じる。
お参りしたばかりなのに、そんなわけない!と思いつつも現実は受け止めなければ。
うーんと座りこんでいると、すぐ先にて滑落事故があったらしい。
ハイキングコースの山道を歩いていた親子2人の父が、足を滑らせまっさかさまに転落したとの事。
レンジャーや消防士さんが救助の為走り、最後にはヘリコプターが到着。
御岳山は転落事故が多いのですって。
無事だといいのだけど。

しばらく休んでいたが、太陽が全く隠れてしまい、さらに体調が悪くなり霊山を降りる。
こういうときにお日様の光にあたると全然違うんだけど、と思うのだが仕方がない。
鳥居を抜けるとお店があり、そこで事情を話し休憩させてもらう。
おばあちゃんが神様にお祈りしてくださって、気を通してくれた。
友人もずっと私の為に気をいれてくれた。
ありがたくて涙がでた。本当に人の暖かさが肌身に染みる。
人間って元気なときはそのありがたさを忘れがち。
でも人は人によって大きなエネルギーや力を自分の内側から湧き上がらせることができる。

ケーブルで山を降り、駅近くの温泉へ。
至極極楽。

夜は豆腐を美味しくいただく。
健康に感謝。皆に感謝。自然に感謝。食べ物に感謝。全てに感謝です。