FC2ブログ
2007/07/23

ビワエキス

うーん。相変わらずバタバタと時間と格闘中!
といいながら、アメリカのアマゾンで洋書を5冊も購入してしまいました。ちゃんと着くかしら?
一抹の不安がありますが。

最近のお気に入りのアイテムはビワエキス。
先日頂いたのですが、はまっています。

切り傷・火傷・湿疹・アトピー・虫刺され、口内炎・歯槽膿漏・歯痛など即効性があるそうです。
化粧水代わりにつけてもいいそう。
私は早速変えました。

特に虫さされは、市販の痒み止めなんて問題にならないほど、早くきれいに治ります。

ビワ葉はパスターや温灸、お風呂に入れてもいいし、粉末にしたりと、様々な用途があります。(取りすぎには注意)

早速本日、ビワの葉を採ってきて、ビワエキスを作りました。
これからビワエキスには一生お世話になるかもしれません。

イチョウの葉を黒焼きにしてご飯粒で練って皮膚にくっつけてみたり、芋パスターを張ったり、大根あめを作ったりと色々自然療法にお世話になっています。

ケミカルなものに頼るのではなく、出来るだけ自然のもので体を病から救えたら嬉しいですよね。

ビワエキスの作り方

ビワ葉を細かく割いてビンにいれ、35度の焼酎をかぶる位入れ、三ヶ月置いておくと、茶色の液が出てきます。これがビワエキスです。
スポンサーサイト



2007/07/20

私のヨガクラス3

今日は久々に野鳥観察所を通りました。
もちろん、万歳ガニ目当てだったのですが、アスベスト除去の為、官舎に入館できませんでした。残念。
今回のお気に入りはトンビ。なんて可愛いのでしょう。
白鳥も戻ってきていたので、バレエの羽ばたき(白鳥の湖)の先生になってもらおうと期待したのですが、先生はお疲れの様子で動いてくれなかった.....

話は変わり、今日も又ヨガ話です。
以前のブログと重複してしまうかもしれませんが、私はエネルギー、気の流れをとても大事にしています。

例えば、心や身体に障害物があれば、エネルギーの流れを妨げる詰りが起こります。ブロックされてしまうのです。
そのブロックが何らかの形で病気になり、痛みになり、苦しみになり、恐怖になるのだと思うのです。

身体をしっかり内観できていれば、身体のブロックしている部分が、わりと明確に感じます。
最初はなんとなくですが、慣れてくると痛みの根源にピンポイントでアプローチ出来る気がするのです。
これはヨガの醍醐味ですね。

私もまだまだ訓練中です。
ブロックされているところに意識を向けながら、エネルギー高め、流していく。

意識を向けた部分、患部が暖かくなるのを感じるでしょう。
人間の身体は思っただけで、そこに血液が集中するのです。
意識の差、バイブレーションの高め方によって、気の流れ方は異なりますけどね。

ブロックが取り除かれ、エネルギーがよく流れるようになると、ネガティブな感情をはじめ、不快なものが流されていきます。

ただ、さらにエネルギーの質を高めたければ、ブロックの原因を知ることが重要です。
食べ物やストレス、姿勢、生活習慣、全てにリンクしてきますね。

エネルギーコントロールを学んでいくことがヨガクラスの大きな目的の一つなのです。
2007/07/12

私のヨガクラス2

通常のヨガクラスでは水を飲んだり、特にパワー系ヨガですと、ラストのシャバアーサナ以外お休みしたりする事をタブーとしています。

しかしこの社会でストレスを上手に捌けさせるには、疲れた時はお休みをしっかり取って、呼吸や身体を整えなければ、身体は参ってしまいます。
少し休んだだけで、驚くほどの回復力がありますよね。

限界よりちょっと手前でお休みするのは不可欠です。
忍耐力を鍛えるのは大切だけど、心の準備が出来ていないのに、頑張りすぎると、嫌いになってしまいます。
休むことも学びのうちです。

すべてはバランス。調和を崩してはいけません。
でもいつしか次第に驚くほど身体が強く、楽になっている自分に気がつくでしょう。
そうなると気を動かしたり等、身体の内側を旅できて、ヨガが本当に楽しくなるはずです。

自分のクラスの方針として、あまり執拗な注意はしません。
というのも昔、あるダンスクラスが好きで、最初は必死に受けていたのに、そのうち注意ばかりされて萎縮して、踊れなくなってしまったトラウマがあるのです。

彼が私をただ真摯に教えようとしているのに、言われれば言われるほど踊れなくなり、クラスが楽しいどころか、ストレスに変わっていました。

自分は不器用なので、少しクラスをお休みして、スタジオを借りて自己練習し、彼の言っていることをゆっくり噛み砕いて、一つ一つ消化したあと、クラスに戻ったときは、驚くほど踊りが変わっていました。
私には情報は必要なのだけど、消化時間も必要だったのです。

だから、私のクラスでは皆がストレスにならないよう、楽しみながら知らず知らずのうちに、アドバンス的情報を浸透させていくのが、私の密かな企みなのです。
2007/07/11

私のヨガクラス 1

今日はパワーヨガクラス後、クラスに残っていた方達とヨガクラスの話をしました。
そーいえば、自分のクラス方針に関して皆に説明したことないのでしたよね。

私はパワー系とリラックス系のクラスを主に教えておりますが、私はジムなどのオープンクラスで教えるのは、極力避けております。
(一箇所のみオープンクラスですが、少人数でほぼ毎回同じメンバー)

理由はいろいろあります。
オープンクラスは教えられなくもないのですが、しっかり一人一人にアプローチ出来るクラスが、自分の理想的クラス像なのです。

クラスでポーズを指示したあと、一瞬で全員をチェックします。
身体を痛めるようなことをしていないか?間違ったとこをしていないか?必ず全員を確かめているので、私が飛んで来なかったら、合格ラインです。まずは安心してポーズを楽しんでください。
そのあとゆっくりと気を送ったり、細部を直します。

あまり大人数では全員に責任が持てません。
安全に気持ちよく、クラスを楽しんでくださるのが、大前提。
そして全員がクラスを通して身体の不調が無くなり、心と身体がいつでも健康で幸せならば本望です。

皆が元気で幸せだと自分も本当に嬉しいし、調子が悪くてもどうしたらよくなるか真剣に考えて、改善されると又嬉しい。調子がよくならない方のために、私がこれから何をできるのかが課題です。

私のリラックスクラスは、得に身体に不調のある方には覿面に効果が出るように、スーザンクラインテクニック、アレキサンダーテクニック、リリーステクニック等の解剖学的要素を踏まえて、ほとんどの筋肉や骨、関節にアプローチし、自分の長年の勘により、痛みと身体の部位との関係を認識したムーブメント等を盛り込んで、クラスを構成しているオリジナルクラスです。

そして私の意図が把握出来、理解されれば、例えば腰に痛みがあった場合、腰椎何番目のあたりが圧迫されているとか自分で確認出来て、いつか自分の不調を微妙なアジャストメント(修正)で治せるようになります。

ヨガ通信のみで、詳しい説明をクラスで行うことがなく(説明するとポーズがほとんど出来なくなってしまうのが嫌なのです。なにより実践が重要なのです)淡々とクラスを行っておりますが、実は骨格、筋肉、チャクラを網羅したかなり合理的なクラスなのです。(続く)
2007/07/05

バレエ、コンテンポラリー

久しぶりのブログ更新。6月は一度も更新しなかったのですね。
覗いてくださった方、失礼いたしました。

バレエ ドンキホーテデビューまであと僅か。
なんと言っても衣装が素敵。

コンテンポラリーの衣装で、煌びやかな衣装を着ることはないので、バレエの衣装着るだけで、他の世界にトリップしてしまいます。
本当に単純というか短絡的というか。

馬子にも衣装!徹底的に化けますよ。今回は......
と張り切っていたものの、私ってチュチュが似合わない!

しかし、それ以前に重要な問題があった。
衣装が入らないのだった!どうしよう!
うーん。ダイエットすべきか、食事をしながら考えていたら、つい食べ過ぎてしまった。
うーん。うーん。明日考えよう。

話は変わって、昨日はほぼ3年半ぶりに、コンテンポラリーダンスのクラスを受けました。
バレエのポアントの強化をしなければいけないと分かりつつ、いきなりコンテのクラスを受けてしまったのは、かなり衝動的。
ニュースタジオのサイトを偶然に見つけて即決断。

そんなに広いスタジオではないのですが、大都会に喧騒とは縁のない静けさの空間。
一面全てガラス張りはポイント高いです。
自称アーティストにとって、スタジオ空間はとても重要。
外と中の融合したスタジオは好印象。

いきなりブレインワークから始まり、2時間振りをひたすら覚えて終わったという感じ。
こんなに頭使ったのは久しぶりです。ダンサーの脳トレって凄いですよ。

昨日のレッスンから言うと自分の脳年齢70歳位って感じかしら。
コンテは複雑な振りを覚えるのが基本形。(振り付け師によって大分異なるが)
昨日のクラスはさらにその振りを左右逆で行うとか、方向を変えて踊るとか、他のダンサーを感じながら、空間や時間差を使って遊ぶとか。かなりスリリングなクラス。

でも、途中からスリルが快感に変わる..これが私のダンス好きの原点。
ベーターエンドルフィンが出るんでしょうね。
自分は踊っているのだけれど、いつの間にか音楽や空間や環境に踊らされてしまう。

目指せ365日ヨギーニであり、365日ダンス出来る生活。
これが私にとっての究極の幸せなのかもしれません。