FC2ブログ
2007/01/21

痛みを治すストレッチの法則

前回書いた、ぎっくり腰は結構簡単に治ると思っていたのに....
しかし、そう甘くはなかった。神様からの試練をいただいた。
庇っていたら、坐骨神経痛も発症。
整骨院、整体、マッサージ、鍼、牽引等色々試した。
これらのいくつかはさらに痛みを悪化させてしまった。

以前自分は腰、膝、足首、肩、首など痛みに苦しんだ。
整体の先生には、ダンスは諦めなさいと言われた事もあった。
でも諦めず自分で治るストレッチを見つけた。
ただ、坐骨神経痛の治し方は知らなかった。
本に書いてあるストレッチは、何故か自分には効果がない。
自分で考えるしかない。自分の身体が教えてくれる。心と身体を研ぎ澄ませ、身体と対話する。
響いた!わかった!坐骨神経痛は簡単に治ることかもしれない。
万人に合うかどうかは分からないが、自分の坐骨神経痛は治せることを確認。
ちなみに坐骨神経痛は仙腸関節の歪みによるもの。
徹底的にここの部分を調節できるようなストレッチをし(股関節を解すもの)合蹠(がっせき)で整えていく。
坐骨神経の周りの筋肉に響くようにゆっくりと丁寧に。
開脚は同じように坐骨神経痛にいいかしらと思いきや、そんなに効果なし。
股関節の硬い人にはちょっとしたコツが必要。かかとを持ち上げないと効果が出ないと思う。
立っているときの骨盤の位置も、意識して調節できるとさらによい。
骨盤が前、後屈しすぎていない正しい位置を保てると、痛みはなくなる。
痛める度に思うのだが、内臓の疾患でない限り、絶対身体の痛みを治すストレッチの法則があることを密かに実感した。
スポンサーサイト



2007/01/12

野鳥観察所

今日は気持ちいい日だったので、クラスの帰りに野鳥観察所に寄る。
毎月一回この中を通るのだが、観舎のなかに入るのは、9月ぶり。

前回は鳥を観察するつもりが、お気楽バンザイ蟹に感動した。
干潟にウジャウジャいた。まさに蟹天国。
そしてこの蟹達はバンザイをしながら横歩きする。
なんだかこっちまでバンザイしたくなってしまう。
忙しそうだけど、とても楽しそう。
鳥が低空飛行で蟹に近づくと、ウジャウジャした蟹達は一斉に砂の中に潜りこむ。
そして鳥が居なくなったのを見計らって、のそのそ地上に現れるのだが、ウジャウジャの蟹が一斉に同じタイミングで出てくるのも面白い。
(ちなみにこの蟹の名はチゴ蟹)

今回も蟹を観たいを思い、望遠鏡を覗くと、蟹達が居ない。残念。
スタッフに聞いてみると、「蟹は今は冬眠中だよ」と。
蟹って冬眠するんだ。10月から4月まで眠っているんですって。
知らなかった。バンザイの準備万端だったのに。
今回はセグロカモメやカワウが主役。優雅に羽ばたくカモメは気持ちよさそう。
ダンスのジャンプの時は吸いながら飛ぶと高く飛べるのだけど、鳥は飛んでる時はどんな呼吸をしているのだろう?
そもそも鳥の呼吸ってどんな呼吸かしら?
帰り際に、鳥篭の中のコミミズクという半眼のフクロウと見つめあう。
愛くるしい。

こんな穏やかな一日に今日も感謝です。
2007/01/09

魔女の一突

昨日、出かける30分位前に、突然バレエのアラセゴン(スタンディングポーズで足を高く横にあげる)をトライ。
うーん、もうちょっと上がる筈、っと思い、さらに足を耳に近づようとすると、ギクッと凄い音が。
ヤバイ。ぎっくり腰だ!!これから仕事なのに、歩けない。
パニックになる前に、深い呼吸。気持ちを落ち着かせないと。
リラックスリラックス、と言い聞かせる。起こってしまったものは焦っても仕方がない。
意識を中にいれて、どこの部分を痛めたのか調べる。
ゆっくりとロールダウン。背骨一本一本丸めていく。
多分胸椎10番目位から腰椎1番目あたりだろう。これ以上前屈が出来ない。
チャイルドポーズになるのも一苦労。ツイストなんて絶対無理。
時間ぎりぎりまでストレッチ。とりあえず川口まで行かないと。
ゆっくりなら歩ける。駅に着き、電車にのり、シートに座る。
えっ。こんなに座るって痛いことなの?
腰の痛みとは昔よくつきあっていたが、痛めた位置が違うので、こんな痛さを感じたことがない。
そして何よりも電車の揺れが、腰に凄く負担がかかる。特にブレーキ。悲鳴あげそうなほど、痛みが走る。ダメだ。座っていられない。立っても痛い。
そんな時は呼吸がヘルプしてくれる。痛みを知覚しながらも、出来るだけ心を乱さないようにする。これも心を強くするための修行の一つ。
スタジオに到着。なんとか皆に助けてもらい2クラス無事終わった。よかった。一安心。
家に戻り、ちょっと荒療治。自分の身体は自分が一番知っている。骨が原因でなければ、3日で治すのが私流。
ビックリしたことに、いつも簡単に行なっているストレッチさえも全然できない。
不調があると、自分の身体が自分の先生になる。繊細に筋肉にアプローチできる。テキストより正確。怪我は辛いけど、教えは感覚的なものだから、今のうちに人体実験。
朝起きると大分楽になっていた。前屈も出来る。今日は3クラスあるから、痛みなんかに負けられない。
私のクラスの皆は慣れているので、言葉だけで分かってくれる。本当にありがたい。

今回ぎっくり腰を起こしてわかったのだが、アラセゴンやドュバンで骨盤を安定させて高くあげるには、軸の大腿四頭筋、大腰筋、股関節伸筋群、腹筋が必要だと思っていたが、私にとっては軸足側の背中の柔軟性と引き上げが必要だったのね。

怪我の巧妙で、わかったことは大きい。
しかし、明日一日で絶対腰を治したい。
2007/01/03

金沢旅行2

翌朝カーテンを開けると自然に囲まれた窓からの雪景色にうっとり、したのもつかの間。
やはり金沢は美味しいものを食べないと!!
ということで、近江市場へ。
正月前なので、混んでること、混んでること。
人の波に押し流されてしまいそう、なんてことはなく、食べる為ならお腹に力が入る。
ひたすら美味しそうな店を選ぶために、一心不乱に歩いている私はちょっと恐いものが。
ここの市場も結構広い。食べたい物が沢山あって、心が揺れちゃう。
寿司にしようかな?とも思ったが、家庭の味の売り込みに負けて店決定。ぷりぷりのお刺身に舌鼓。自家製豆腐もとろけるように美味しい。
ついでに食べ歩きで、揚げたてコロッケと今川焼きも頬張って大満足。
本当に食いしん坊なんだから!

お腹も落ち着いたので、寺町へ向かう。
ここには70以上の寺が集められたところ。
まずは忍者寺。ここのお寺は凄い。なんていってもからくりが凄い。
ここは前田家の祈願所として建てられた寺。
ちなみに忍者は住んでいない。
何故忍者寺かというと、単なる寺ではなく、外敵から身を守る為の建築なのである。迷路のようなお寺で、迷ったら大変。まさに忍者の家よりも巧妙。
床下の落とし穴、隠し部屋、隠し階段など、とても興味深い造りである。
こんな仕掛けの家に住むのは、絶対楽しいと思うな。

寺町通りを散策した後、にし茶屋街へ。ひがし茶屋街よりもひっそりとしている。
資料館にはいり、茶室を観ながら、お座敷遊びをちょっとだけ頭の中で想像する。

金沢のメインスポットは一様廻ったので、やっぱり温泉郷に行きたい。
加賀温泉か湯湧温泉か迷ったが、湯湧温泉へ。
金沢駅からバスで約50分くらい。
雪が深く、自然の中のこぢんまりとした静かなところ。
竹久夢二館があったので、入館する。ここは夢路が愛人と過ごした街だそう。彼の美人画は優しくて、美しい。
薬師寺にも行きたかったので、雪が積もった階段を登り、如来様に挨拶。夢路の歌碑もある。
白鷺の湯は半露天風呂もあり、雪景色を見ながらの温泉は旅の疲れを吹き飛ばしてくれた。極楽極楽。

金沢駅に戻り、やはり旅の終わりは美味しいものを食べないと。
海の幸を頂き、お菓子を沢山買い込んでしまった。
あー幸せ。旅ってどうしてこんなに楽しいのでしょうねー。
2007/01/03

金沢旅行1

去年の年末は金沢に行きました。

金沢は雪。雪の兼六園は素晴らしい。
兼六園に入ると右も左も分からないので、近ツリの後ろにまさにツアー参加者のようについていく。(ごめんなさい!説明が聞きたかったのです)
まず日本最古の噴水が必見スポットらしい。フムフム、この噴水は日本最古の噴水と言われているそう。
で、次は霞が池の灯篭前。見逃してはいけない絶対の撮影スポット。2脚で支える姿が琴柱に似ている事が名前の由来だとか。おのぼりさんらしく、素直にパシャっと記念撮影。この辺から、ガイドのお姉さんに存在を気づかれ、後ろ歩きしながら、こっそりと後についていく。そのあと値上松、曲水を見学。近ツリは早々と退散してしまったので、そのあとゆっくりと兼六園を堪能した。それにしても広い庭園で、迷子になりそうだったが、1時間も歩くと頭の中に地図が出来、美しい兼六園を満足に見学した。

隣の金沢城に移動。石川門をくぐり、菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓へ。木組みには釘を全然使用していなく、とくに菱形の櫓は建物はもちろん柱も菱形。昔の人の技術の凄さをひしひしと感じさせられる。
 
バスに乗り、香林坊でランチを食べたあと、武家屋敷へ。
いきなり、時代がトリップする。
黄土色の土塀を張り巡らせた屋敷が立ち並ぶ。藁を編んで作ったこもが塀を守っている。
公開している武家の家を見学。襖絵や庭園の豪華絢爛素晴らしいこと。
優雅な気分にしばらく浸る。

そしてひがし茶屋街へ。石畳で、格子戸が連なる街。ただ、日も暮れて寒かったので、お茶屋は無視して、立ち寄り風呂へ。やっぱりお風呂はいい。ヨガをしてなかったので、身体がバリバリ状態だったのに、血行もよくなり、おかげで身体が回復。お風呂のあとの雪の街は気持ちよく、身体も心も温かいまま宿へ。
疲れすぎていて、気絶するように眠りに落ちた。
2007/01/03

A HAPPY NEW YEAR

新年あけましておめでとうございます。
今年は去年よりさらにパワーアップして活動したいと思います。
皆様にとって素晴らしい年でありますよう心からお祈り申しあげます。
本年も宜しくお願い致します。