FC2ブログ
2006/07/30

今日の一日

今日は久し振りに予定が何もなく家でゆっくりした。
TVをつけると波乱万丈に欽ちゃんが出演していた。前から欽ちゃんは好きだったのだが、彼の素朴で真直ぐな生き方、人に対する思いやり、誠実な人柄にますますファンになってしまった。私もあんなふうに素朴で誠実で思いやりを持って生きていきたい。
図書館に行き、円生さんとやすきよの漫才CDを借り、家の前の夏祭りへ。会場はジャズミュージックで盛り上がっていて、アマチュアバンドだったが、楽しませてもらった。
私は基本的にジャズが大好きで、NYにいるとき、よくヴィレッジにジャズを聴きに行っていた。家でもよく聴くが、マイルスデイビスやチャーリーパーカーよりも、チェットベイカーとか、ビルエバンズ、チックコリア等が好き。
帰宅後、ダッシュ村を見る。今日は鉄砲風呂作り。子供の頃住んでいた家も鉄砲風呂だった。昔の人ってこんな風に風呂を作っていたんだよね。つくづく日本人の器用さに関心させられる。カンナで削っていくのも凄いけど、鉄砲釜も作ってしまうなんて凄い。
あるあるでは納豆の正しい食べ方で若返るということで、冷蔵庫から出して30分以上おいた大粒か小粒の納豆に卵を入れ、50回以上混ぜ、食べる直前に醤油、辛子をいれ、葱を混ぜる(腎臓の重金属を排出する)のが効率がよいのだそう。
私は小粒派、50回以上混ぜ、葱は必ず入れてますね。でも、卵は入れないかな。大好きな納豆で若返るなんて嬉しい話ですよね。
スポンサーサイト



2006/07/29

蚊帳

最近ちょっと忙しく、家に帰るとバタンキューです。
外食も続いていて太り気味。新月は25日だったから、満月に向かっているので太りやすい時期。気をつけないと。ちなみに私は友達からいただいたムーンダイアリーの手帳を使っています。月のパワーって凄いんですもの。
話は変わり、私のマンションの前は草木が多い為、この季節蚊が多いのです。特に私の血は蚊にとってはかなりのご馳走らしく(もちろんO型)大勢でいても一人で刺されます。
ヨガ的には蚊の痒みを楽しむのだ!なんていうけれど、寝ている間に掻いてしまい、細胞を傷つけてしまうのでやはり刺されたくない。
香取線香やベープマットは毒なんで、気持ち悪くなってしまうし、市販の虫除けスプレーも嫌で、知り合いの方に、ユーカリとシトロネラのアロマを作っていただきました。
でも、蚊は肌に吹きかけてないところを狙って刺すんです。
へこみかけていたら、天井から吊るす小さい蚊帳を見つけちゃいました。
私は昔から何故か押入れの中とか机の下が好きなので、蚊帳の中がとても居心地いいのです。なんかニュールームが得たような感覚で、蚊帳の中で寝るのが楽しみです。蚊帳の中で見る夢も面白いですよ。
でも、これは私だけの内緒の夢ですね。
2006/07/19

伊賀へ

三重県伊賀、忍者屋敷に到着。早速屋敷内へ。
このお屋敷は10K先に実際あった家をそのまま再現したものだそう。
部屋に通されると部屋の説明をしてくれる。
見かけは普通の家だが、色々な仕掛けがあるのだ。
最初の部屋は360度回転する板壁。敵が来たときには180度板を回転させ、隠れる。
又、紙で戸の鍵が外れたり、天袋の隠れ部屋とか、屋根裏、地下道、縁側など隠れ場所、宝物の保存場所など仕掛けがたくさんある。
伊賀地方は地で取れる薬草、秘薬の製造方法の巻物を狙って賊の侵入がしばしは起こっていたらしい。
忍者は頭脳と肉体を駆使する厳しい任務である為、食生活は獣肉を食べない、玄米、野菜、大豆を中心とした忍者食で、太り過ぎない、病気にならないように健康管理に物凄く気をつけていたり、夜が明けると、太陽に向かって九印を結び、陽のエネルギーを体内にとりいれ気を高めたり、呼吸法の訓練をし、気配を消したり、集中力を高め精神統一するトラタク瞑想(炎を見つめる)等をしたり、仏を尊び神と対話し、一日の感謝を夕日に向かって祝詞を唱えたり、自己鍛錬を常に行なう。
常に足の裏や耳にも刺激を与えたり、歯茎を大切にしたり(歯茎が弱いと瞬発力や持久力が弱まる)、御香をたき心を沈め、浄化する。
規則正しい生活習慣、健やかな体と精神維持を努め、一致団結、秩序の維持にあたる。なんか忍者ってヨギーみたい。
密かに忍者の家に嫁に行きたいなんて思ったりして(笑)。
まあ、忍術は盗んだり、殺したり、忍び込んだりするのが仕事なので、忍者になりたいとは思わないが、日本の素晴らしい文化として是非これからも忍者研究に励みたいと思う。
友人と別れ、名古屋駅へ。どうしてもひつまぶしが食べたくて、一人でお店に入る。
最初はそのまま、2杯目はあさつきと山椒とわさびをいれ、3杯目はそれにお茶漬けをかけ、4杯目は最初と同じシンプルでフィニッシュ。あーめちゃくちゃ美味しい。幸せで素敵な一日でした。
2006/07/18

法隆寺へ

翌日朝4時半に起床。
朝の高野山は気持ちがよい。宿坊の庭にてたっぷり6時半までヨガを行なう。
アウトドアのヨガはアメリカやカナダ、ハワイなど色々な土地で行なったが、高野山は格別である。
多分自分には日本の自然との波動が一番合い、調和し共鳴するのだろう。エネルギーがすっと体に入ってくる感覚が気持ちいい。
ヨガを終え、朝のおつとめ。
本堂にてお話を聞き、ミサンガ風の魔よけを付けていただき、ご本尊様にお参り。
寺を去り、女人堂へ。かつて高野山は女人禁制だったので、女性はここに来てお参りしていたそうだ。
でも何で昔は女人禁制の所が多かったんだろう?一説によると女性は巫女やイタコのように霊に取り付かれやすいからなんていう理由もあるらしいが。
高野山を去り、法隆寺へ。雨の法隆寺は風情がある。寺の古さと雨の静かさが妙にマッチしているのだ。
柿を食べると鐘が鳴るの?と密かに思っていたのは私だけ?
この俳句を作った正岡子規は超柿好きで一度に柿を10個以上(あればあるだけ)食べてしまうんですって。だから彼が柿を食べてるときは、いつでも鐘がなってたのかもしれませんね。
でも柿ってCやカリウムが多いので確かに健康にはいいのですが、食べ過ぎると体を冷やしてしまうものなので、子規さんの体も結構冷え気味だったのでは?と余計なことも考えつつ、法隆寺を去り、伊賀の忍者屋敷向かう。(続く)
2006/07/17

高野山へ

私の好きな歴史上の人物の一人、空海が開拓した高野山に行った。
高野山は海抜1000M、東西6KM、南北3KMの盆地。周りは蓮の花が開いた様な峰々が連なっているので、空海はここの地を選んだらしい。
車で登ったが、険しい山道。でも、高野山の地を訪れるのなら絶対この山道を歩くべきだと思った。ここは登ることに大きな意味があるのだろう。
そしてメインストリートに到着するが、え?ここ高野山?って思ってしまう。普通にスーパー、スナック等の店が立ち並んでいるのだ。
高野山って秘境で、滝に打たれて、瞑想している人が沢山いると思っていたのだが、期待しすぎていたことに反省(笑)
で、気を取り直してまずは、奥の院へ。ここは入り口から弘法大師の御廟まで2KMという広さの墓地。10万基の墓石が群がっている。参堂の両側の杉は見事であり、強いパワーを感じる。
ここには弘法大師はもちろんのこと、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗など有名な人物が多く眠っている。
しかしこう観光客も多いと霊も大変だなー。
そしてその後は金剛峰寺へ。ここの襖絵は素敵だった。
最後に根本道場の伽藍へ。何度も火事で焼けてしまい、再建したものなので、建物が新しく少し物足りないところもあったが、美しい伽藍の姿を堪能した。
夕食の時間になったので宿坊に戻る。
お寺に宿泊するのは始めてなのでワクワクする。もちろん精進料理。
15皿ほどあり、色とりどりで日本食の美を感じさせられる。
真っ白なゴマ豆腐の美味しいこと。なめらかな繊細な舌触り。濃くのある味。高野豆腐やしいたけの煮物もお味がよくとても美味しい。精進料理バンザイ!!(続く)
2006/07/09

ウオーキング

前回はシューズの話をしたので、ついでに自分のウオーキングの話もしたいと思います。
歩いている時って楽しいですよね。
私は歩いているときは体の中を観察(意識を中に)したり、体の外側を観察(意識を外に)向けたり(皮膚に感じる風であったり、草木,匂い,音等に意識を向ける等)とか、ウオーキングメディテーションをしたりしています。特に自分のウオーキングのチェックはほとんど毎日していますね。
例えば、かかとから静かに着地し、足の裏の骨にスペースを作りながら(足指も)足裏筋肉をしっかり使って、地面を蹴っているか?
足首は自由に動いているか?
膝はロックしないで、膝の間にスペースを作られているか?
膝と足先はまっすぐに正面を向いているか?
内腿は使っているか?
骨盤と大腿骨の間の筋肉は固まっていないか?(股関節が骨盤の下で自由かどうか?)
尾骨は下に向いているか?
お尻を固めていないか?
骨盤が前屈したり、後屈したりしていないか?
骨盤や大転子はシフトされいるかどうか?
重心はどこか?
腹筋が使われているか?
みぞおちは出ていないか?
腕は肩甲骨の内側から使われていて、肩関節の中で自由かどうか?
抗重力筋は使われているか?
肩の高さは一緒か?
鎖骨が横に開いていて肩や背中が広い状態か?
椎間板が広がって、長く背骨が使われているか?
頭蓋骨は頚椎の上で自由に動いているか?
呼吸はどうであるか?
歩き始めは仙骨と膝からリードされているか?等観察していますね。
きっとこのブログを読まれている方はこんな書き方ではわかりづらいと思いますが、重要なのは一人一人、自分の歩き方の癖を自覚して、自分の体に優しい、楽に長時間歩ける歩き方を見つけることです。
ヨガでもそうですが、人それぞれ体は違うので、型に当てはめるのではなく、自分の体に尋ねながら、(靴も癖を教えてくれますね)意識的にウオーキングを楽しんでくださいね。
2006/07/05

体にやさしいシューズ選び2

前回の続きです。
シューズはフラットな底で衝撃を吸収できるものだと、腰と膝にやさしいですよね。
土の上で歩くのなら硬いシューズでもいいのですが、アスファルトは硬いので、硬い底だと腰と膝にとても負担かかってしまいます。
ぴったりしていても幅広(でも自分の足幅より広すぎても問題あります)靴の中で足指がしっかり開くこと、軽量であること、素材が柔らかいもの、躓くことなどない靴がいいと思います。
でも、サンダルはデザインが可愛くて、この機能を兼ね備えているものに中々出会えず、選ぶのに苦労してしまいます。
しかし足のストレスになることなどない、足に優しい靴を履くと、腰や体は確実に痛みが少なくなるのではないでしょか?
足の裏は第三の心臓ですので、足の裏の筋肉をしっかり使えることができるシューズだと,体への健康効果が増しますし、冷えも改善されますよね。
昔日本人は下駄や草履を履いていたので、足裏アーチ強く、足指がきちんと使えていました。
アーチとは足裏のカーブなんですが、これがないと足にかかる力を吸収できない為、足腰にかかる負担が大きいのです。
その原因にはハイヒール等のシューズが大きな原因となっているそうです。
そしてこのアーチは足指をよく使ってあげること、足のフレックスやポイント等をすることによって使うことにより作られていきます。
足裏の筋肉をつかうと脳がフル活動しますので、足裏筋肉を意識することはとても重要です。
そして体にやさしいシューズを履いたら、ウオーキングも意識的に行なうことによりさらに相乗効果が得られます。
健全な体に健全な精神が宿るので、是非シューズの事も考えてみてくださいねー。
2006/07/04

RE:ともさんへ

いつもコメント楽しく読ませていただいています。
血管美人なんて何て素敵な響き。気に入ったというかツボにはまってしまいました(笑)
9月に福島の舞踏祭があり今その作品を作成しています。前回の作品のパート2で、かなり激しい振り付けなのですが、体力勝負です。
モダンジャズクラスは自分の振り付けの時間にあてたいと思い、キャンセルさせていただきましたが、今年中に開講できることを目標にしたいと思っております!その時はお知らせしますね。
2006/07/03

体にやさしいシューズ選び1

私はあんまり人に自慢できることがないのですが、今日はこっそり自慢しちゃいます!!
先日、血液のサラサラ度と血管の弾力を測りました。で結果はAからGまでの7段階のうち、20歳台でもAグループ。最も優秀なサラサラ血、弾力のあるしなやかな血管という結果でした。ヨガ効果でしょうねー。
実は、最近腰痛に悩まされていたのです。
もともと椎間板ヘルニアになったこともあるので、腰は弱いほうなんですが、ヨガとピラティスのおかげで最近はほどんど腰痛に悩まされることもありませんでした。
でもこの2週間、夕方になると立っているのも辛いくらい腰が痛むのです。最近始めたダンスのリハーサルがかなり激しい振り付けで、そのせいかなとも思ったのですが、理由はどうであれ、痛みがあるのは自分の体の使い方が間違っているのです。
で、先週の金曜日突然、家に帰るや否や下駄箱のありとあらゆる自分の靴を取り出し、家の前のフロアーを歩いたり、階段の上り下りをしたり、ソールの厚みを変えたりして、靴による腰の負担度を調べる実験を行いました。
腰痛の原因は明白で、やはりサンダルでした。履いていたサンダルは3センチヒールのものでしたが、たった3センチでも、骨盤が後屈し、骨盤と腰椎を安定させることができず腰に多くの負担をかけていたことが判明。
腰痛にお悩みの方は、是非体にやさしいシューズ選びをしましょうね。(続く)