FC2ブログ
2006/06/15

痛みのない体作り

私の昼間のヨガのクラスには体に不調のある方が多くいらしてくださいます。
特に肩こり、腰痛、膝の痛み、坐骨神経痛、腱鞘炎の方が多いのですが、大体体を触らせていただくとバリバリに筋肉が固まっているのです。
私も昔筋肉を固めていた為、色々怪我が絶えず苦しんだので、辛いのがよく分かります。
特にかつて膝は悪く、歩行も困難でお医者さんからは絶対君の膝は治らないよ、なんて言われていたので今自分の膝が何でもないのが嘘のようです。
でも私的には、実はすべての痛みを取り除くのはわりと簡単で、自分の骨格の正しい位置関係を把握し、すべての関節を解放し(大きい関節は特に)筋肉や腱を弾力のある柔らかい状態にしていく、特に関節周りは空間を作りながら出来るだけ解していくことにより内臓疾患や特に骨の異常がない限り大体の痛みは取り除くことが出来ると思うのです。
すべての痛みの原因は歪みを含めて骨格の間違った使い方と筋肉を固めてしまうことではないのでしょうか。
ただ、腰は一番負担がかかるところなので、筋肉を解放しつつもインナーマッスルを鍛えていくことで腰をプロテクトしていきます。でもインナーマッスルも決して固めて使わないことがポイントです。
肉体という容器のなかにカチカチな氷をいれるのではなく、小さい粒子が肉体中を自由に飛んでいるようにしていけば、神経も、血管も圧迫されず体が楽になります。
でもマッサージは一時的なものなので、是非自分で体を動かしながら解してみてください。
呼吸と意識を上手く使えば短時間で楽になっていくと思います。
痛みの全くない体って素晴らしいですよね。
スポンサーサイト