FC2ブログ
2014/05/14

ジャイナ教WS1

この日は観たい舞台、聞きたい講演がいくつか重なってしまいました。
最終的に選んだのはジャイナ教WS。

もちろんジャイナ教信者ではありませんし、どこかの宗教に所属もしていません。

仏教もキリスト教もイスラム教もヒンズー教も含め、全ての宗教にいい要素はたくさん含まれています。

ただ一つに絞ってしまうと視野が狭くなる気もして、特別に決めていません。
信じていない教えだから避けるのではなく、いろんな事にオープンマインドでいたいと思っています。

自分的には森羅万象、全てに神が宿るという考えが好きですが、神という言い方は違和感があり、言語では表現できない、エネルギー的なものと思っています。

どんな学びでもそれを全て信じるのではなく、いろんな知識を聞くいて、自分に深く浸透する部分を探し、心に響くことは試してみたいのです。

何故ジャイナ教のWSに参加したかというと、私の恩師であるS先生が、沖ヨガ創始者の沖正弘先生から「真の純粋さを求めるならば、ジャイナ教を学ぶとよい」と言われ、今でもプレクシャーメディテーションというジャイナ教瞑想を研究されています。

瞑想はヨガのコアな部分でもあり、非常に奥深いものです。
禅の瞑想から、ヴィパッサナ的瞑想まで、又現代的なものから、古代的なものまで、多くの技法があります。

今回来日された方はベン シュリ ラトナ プラブ師というインドの有名な瞑想のグル。
恰幅のいい、ニコニコしている、可愛いらしいグルさんでした。

ジャイナ教についての質問しか彼女の話を聞く事ができなかったのですが、非常に興味深く傾聴しました。

まず、食事に関して。
土の下に生えるものは一切口にしてはいけない。

なぜなら土の下は一生太陽の光を浴びることが無いために、数えきれない程の細菌でまみれている。
肥沃な土壌には多くの微生物が存在するし、その他にもカビ、細菌もたくさんいる。

キャベツも食べてはいけない。
インドのキャベツ畑では多くの薬を撒いて(着色もしている)キャベツを栽培しているので、口にはしない。

カリフラワーも食べない。
薬や人工肥料を使って育てるとカリフラワーの菌が直接脳をアタックする。

果物や野菜の形がとても関係していて、野菜の形と似たような形の人間の体の部分を攻撃するらしい。

例えば、腐っているアーモンドを食べると目はアーモンドに似ているので、目の病気にかかり、
カシューナッツは腎臓に似ているので腎臓を攻撃するとか。
葡萄、レーズン、ワインは肝臓を悪くする。

茄子も駄目。
茄子の種が消化しないとか。


あらまあ。
全て好きなものばかり。

これはとりあえず無視しておこう。
これからもずっと土の中のものキャベツもカリフラワーも茄子もアーモンドも全て食べ続けます。

続く。
スポンサーサイト



2013/09/26

ヨガフェスタ

22日、23日の2日間 パシフィコ横浜で開催されたヨガフェスタに参加。
2013/05/07

ウエーブリング 指導者講習会ベーシック1

バタバタのGW。
ラストはウエーブリングの指導者講習会。

ウエーブリングヨガクラスを引き継いだ為、指導者の資格を取得しようと決めた。

ウエーブリングの考案者、牧さんは武術で使う丸いリングからヒントを得て、このリングを考案したらしい。

発想がすばらしく、ウエーブしたこのリング1本に多くの可能性を含んでいる。

10時スタート。
講習会は説明を受け、実際にエクササイズを習得、さらに先生役になり、前に立って説明をする。

エクササイズの名前、目的、リングの使い方、ショーイング、軽減法、注意点等説明しながら行うが、自分がリングを扱うのに精一杯。

スクワット一つも理解するのが大変。

最後に5分間のテスト。
合否があるのを知らず、やりづらいものを入れたので、スムーズに流れず、間違えてばかりだった。

ふー。18時30分終了。

あとは経験のみ。
リングが身体の一部になるように毎日遊ぼっと。

今後の自分に大きく影響を与えてくれた素晴らしい講習会でした。
2013/04/10

心は身体で調整

ヨガクラスが始まる前に、
「相手が急にかっとなり、怒りをぶちまけた時、気持ちをコントロール出来なくなる」
という話題に。

わかる〜。
実際、自分も他人の瞬間湯沸かし器行為に、何度心を掻き乱されたことか。

最近は少し大人になったせいか、修行!と思って対処している。

ということで、ブログをご覧いただいている方に、心が乱れたときの調整ノウハウを特別公開。

まずは、心が乱れることをビデオカメラで撮影するように、客観視は大前提。
マインドフルネス。自分に気付く。
エゴや自我をほおっておいてはいけない。

相手の怒りに自分が耐えられない状態にあるならば、まずそこの場から逃げるか、
呼吸で一時的に心を整える。

ヨガを学んでいる人ならば、決してその怒りに即座に高ぶった感情で反応しないこと。

時間がある程度たっても、心が元に戻らないようなら、
身体で逆刺激。
基本的に自然の法則として、歪んだら、逆のことをして整える。

イライラしていると、顔のパーツはみんな真ん中に集まってしまうので、
それらを離してあげる。

眉を外側に広げ、目を横下に流し、鼻を少し膨らまし、
口さけ女?のように口角を横に広げて、顔を緩める。

もちろん脳を騙すのも目的の一つ。
ランナーズハイで有名なベーターエンドロフィン、その他ドーパミンや、セロトニンまで溢れる可能性も大きいので、ストレスはかなり軽減される。

逆に心がゆるみ過ぎている時は、顔をシャキッとする。

又、心が子供のように落ち着きがなく、騒がしくて集中できなかったら、
マントラ等を唱え、心に余計なことを考えさせる余地を与えない。

暇だと心は余計なことばかり考えてしまうので、行動を忙しくすることでバランスをとる。

基本的には心が忙しかったら、身体をゆるめ、身体が忙しかったら、心を和らげる。

全てはバランス。
ストレスは自律神経を乱してしまうし、免疫力も下げてしまう。

常に練習あるのみ。
そして自分のやり方でコントロール方法を確証する。

心と身体が上手にコントロール出来るなら、心は最強の友になります。
2012/05/22

漢方セミナー

昨日の金環日食は神秘的でしたね。

先日漢方セミナーに参加してきました。
テーマは冷え改善。

伝統医学によると、気血水によって体の臓器や各組織が正常に働き、心身の活動が営まれています。
気は元気のエネルギー、血は血液、水はそれ以外の体液。
この3つがバランスよく、滞りがなければ体は健康で、不足すれば病気になります。

冷えのタイプをチェックしたあと舌診。
舌の状態をみることでその人の体質を知る事ができます。

舌の形、色、こけ、静脈をみます。
ピンク色をしていて、表面真ん中にかるく白い苔がついており、適度な潤いがあるのがいい状態。

私の舌は裏の静脈を含め全てが正常。
ただこの先の人生、舌の見た目で特するようなことはないでしょうねえ。

シヴァナンダアシュラムでの研修中、アーユルベーダの先生に舌診してもらいましたが、状態があまりよくなかったのに比べ、今はかなり体が改善されていると確信。

他の方の舌は真っ赤で腫れていたり舌白かったり。
赤い人はぽっちゃりした人が多く、白い人は細くて精気がなさそうな人が多かったです。

結局「なにを使ってもいい」と言われ、柿の葉茶ベースで陳皮(オレンジの皮)薄荷、桂皮(シナモン)を加えたオリジナルの薬膳茶を作りました。

柿の葉茶は癖があまりないので、バランスがよい美味しいお茶が完成。

今までは柿の葉茶にブレンドして飲んだことがなかったので、漢方食材を少し加えるだけでこんなに美味しいオリジナルティーが出来るなんて!

今度はどくだみベースで作ってみたいです。
2012/05/16

適応力

とても尊敬しているS先生に
嫌いなものや苦しみをどう克服するか質問してみました。
答えは「適応力を高めること」

寒さや熱さに対しての適応力があれば、どんな季節だって快適に過ごせるし、病気にだってならない。

どんな危機的状況でも適応力があれば、上手に生きぬくことができる。

先生は去年アブに100カ所刺されたが何とも感じなかったらしいのです。

私は去年の只見でアブの大群に追っかけられただけで暴れ馬状態。
まだまだ青い、、、。

もちろん先生の言葉には深く同意しておりますが、
適応力を高めるトレーニングに励んでもアブに100カ所は一生刺されたくないなあ。
2012/05/15

テクナットハン師ブラザーシスターの法話 

ティク・ナット・ハン師の僧院プラム・ヴィレッジ(フランス)より7名のシスター&ブラザーが来日していたので築地本願寺におはなしを聞きに行ってきました。

まずは1個のみかんを20分かけて食べる瞑想。
この瞬間こそラグジュアリアス(贅沢)な時間であるというシスターの言葉が印象的。

そして話題はマインドフルネスについて。

自分に気付かないから病気になる。
呼吸を通し意識を戻すだけで、自分の体と心に繋がることができる。

それにしてもメインで話されたシスターHさん、見た目はどうみてもティーンエイジャー。
話から推測すると40歳は軽く超えていると思うのだけど、かなりギャップがある。

一般的にアシュラムで生活をしている人達は、化粧をあまりしないし、ジャンクフードなど採らず体にいいものを常に食べているので、若くて美しい人達が多いです。

内面も外面もいつまでも若くて美しくありたいですね。
2011/03/14

3月15日火曜日クラスのお知らせ

明日3月15日のクラスは今後大きな災害に見舞われないようでしたら、通常通り行う予定です。
極力節電(省エネ)で行いたいとおもいます。
がんがん発電しちゃいましょうね
宜しくお願いします。
2010/12/01

自分へのご褒美

今年は自分へのご褒美を購入する人が多いらしい。
私はブランドものや高価なジュエリーなど全然興味がない。

自分にとってのご褒美は?というとやはりヨガ。

苦行というものがヨガだ!とヨギー達には叱られそうだが、自分はご褒美ヨガでいいと思っている。
もちろん苦行が義務になったらそれは受け入れるけど、今のところヨガ=身体へのプレゼント。

ただし自分にとって、楽なポーズも好きではあるが、苦手なもの、難しいもの、辛いポーズを耐えるのが好き。(Mっ?)
辛いポーズではβーエンドロフィンが抽出される心地よさ。

ポーズの後の解放感はさらにαー波がたくさん放出され、溢れ出し、何ともいえない心地よさに包まれる。
ヨガの醍醐味。

身体を伸ばすと体中がミシミシ音をたてて「嬉しい」って答えてくれる。
脳、骨、細胞、神経、血管、内蔵、筋肉、結合組織君達も ピキピキと喜ぶ。
身体の毒やネガティブエネルギーも出て行くし、ピュアなエネルギーが湧き上がる。

背骨に刺激を与えれば、神経の働きだってよくなるし、骨髄だっていい血液を生産する。

ヨガをしないと気の流れが偏るし、身体は重たくなるし、弱い身体と心になるし、食欲や物欲などの欲望もメラメラと燃えてストレスが増える。

集中力もなくなり、物忘れが多くなったり、失敗したり、怪我をする。

お肉が食べたくなる。
動物達はは死ぬ間際に強い恐怖に怯えて、苦しんで死ぬので、それらを食べることにより、身体がさらにネガティブモードに傾くとも言われている。
なので身体がサットバ(浄性)の状態の時にはあまり食べたくない。
(と言っても魚は食べるので自己矛盾!してるが)

甘いものもたくさん食べるので、身体が疲れやすい。
身体に悪いものが欲しくなる。
加工品等添加物を含んでいるものを多く食べるので、小腸が「こんなもん吸収したくない!」と嫌がり、反乱を起こす。

自分への一番のご褒美はエネルギーに満ちて、健全な精神で、元気な身体。
健康で元気であることが一番のご褒美だと思いませんか?