FC2ブログ
2007/05/31

恵みの雨に感謝です。

松岡農水相の自殺はショッキングでした。
ある方が私に「悪いことをしたんだから、当たり前だ」とおっしゃられ、又その言葉も悲しく心に響きました。

心はとても繊細なものなのです。
楽しいときは心が浮かれ、苦しいときは心が締め付けられる。

心は気まぐれで、その主を支配する。
だから、心を制御することを学ばないといけないの。
知恵ある人は心を鍛え、心を守るのです。

心という透明な水槽に、濁った水を加える。
1滴ならまだしも、2滴、3滴と入れてしまうと水が濁ってくる。
彼も議員に初当選した時は透明な心だったのに、いつしか心を泥水にしてしまったのでしょう。

すべては心。自分の欲により、心が汚れてしまったとき、それは自分を苦しめてしまう。

自分を守るもの自分を苦しめるのも自分次第。
小さい嘘や悪の積み重ねは、自分への苦難を増やすだけなのです。

松岡氏のご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト



2007/05/17

病院通い

先週金曜日から看病の為、ほぼ毎日病院通い。
生きるということに真剣に向き合う貴重な時間を過ごしています。
3、4時間睡眠が続いているので、しっかりエネルギーコントロールをしていかなければ!!
今日は朝早くから手術です。

2007/05/03

言葉のマジック

言葉って興味深いですよね。
言葉の力が新たな世界までも造りあげてしまう。
言葉の力で自分の心や体、意識も簡単に変えることができるのではないかしら?

病は気から。ネガティブな言葉は、体を蝕みます。
でも、ポジティブな言葉はプラナ(エネルギー)が満ち溢れるのです。

で何を言いたいかというと、体や心が弱っている時こそ、自分の言葉で脳を騙しちゃおうではありませんか!!

これは私の大好きな先生から教えていただいた、言葉のマジック。
疲れているときは、気分いいーとか、苦しいときは、楽しい!とか、苦手なものがあったら、好き好きって言ってみたり、落ち込んだときは、自分ってなんて幸せなのとか、ポジティブな言葉に変えて心に何度も思ったり、唱えたりする。

最初はそれどころではない!なんて思っていても、これが不思議と脳が勘違いして、幸せホルモンや麻薬のホルモンが溢れでる。(ドーパミンやらエンドルフィンやら)
そうなったらこっちのもの。
そのホルモンで本当に気持ちよくなってしまう。
プラナの流れがよくなり、不思議と元気になってしまうんですね。

脳で幸せドラックを作る超簡単、価格破壊の健康法。
是非お試しあれー。

今日から只見に行ってきます。大好きな只見線に乗れて嬉しい。
7時間以上かかるローカル旅、行ってきますー。
2007/04/04

創造力が私を救う?!

今日は寒かったー。クラスにいらしてくださった方、お疲れ様。ありがとう。

昨日の満月は見ることできなかったけど、今晩のお月様は綺麗だった。
雨上がりで、薄っすらとした雲が掛かっていたお月様と、予想を反して散っていなかった、夜桜のコンビネーションは日本の美よね。
雨上がりの澄み切った冷たい空気が、月の光によって、皮膚にさらに浸透して、快感。
こんなふうに、ちょっと創造モードになると、身体が元気になって、エネルギーが倍増するのですから、楽しいですね。

創造モードに切り替わるときは、環境が整っているとさらに、自由な発想に繋がります。光、音、香りなどは、とても重要なアイテム。

例えば、ヨガクラスも創造モードに最適。
私は、どこのヨガクラスも決して、蛍光灯は使いません。
省エネと言われているのに、白熱灯を使用して、ヨガ講師がエコ対策しないなんて、と大目玉くらいそうなのですが、蛍光灯の下で、ヨガをどうしてもやりたくないのです。
単に、蛍光灯に癒されない、という偏屈なこだわりなのですが。

ヨガの教室に入ったときから、そこは異次元な空間。
ヨガマットの上に足を踏み入れた瞬間から、身体の浄化が始まり、シャバーサナでリラックスしてるときは、大地のエネルギーが身体に集まって、体内にとりいれられ、汚い気が抜け、太陽礼拝では、天を仰ぎながら、太陽のエネルギーが身体に吸収され、上向き犬では胸のチャクラが活性化し、下向き犬ではお腹にグーッとエネルギーが集まって、腹部が熱くなり......なんてイメージを使っています。
これこそ、イメヨガ!

創造力を駆使して、楽しく、簡単に元気になってしまう創造力健康法。是非お試しあれ。
2007/04/03

幸せになるために6 ありがとう

「ありがとう」という言葉は、自分を幸せにします。
「ありがとう」ほど、一日に感じる言葉はないでしょう。
「ありがとう」って言うと、何故だか優しい気持ちになります。

私は自分のクラスの仲間全員、仕事を助けてくださるスタッフの方々、いつも楽しい友人、師、家族に心の底から感謝していますし、朝の幸せな目覚めに感謝し、食べることができることに感謝し、健康であることに感謝し、平和であることに感謝し、太陽や月、草花、スーパーの店員さんにも、見知らぬ人、自分の身体の細胞すべて、足、胴体、手、頭、心臓、胃腸、肝臓、腎臓他...などにも、ありがとうって言っています。

笑顔は心を幸せにするように、ありがとうという言葉も、幸せな音波が漂って、自分の心を穏やかに、包み込んでくれる気がするのです。

昔、私の尊敬する方に、「殺されてもありがとうって思えるようになるといいね。」と言われ、残念ながら、まだ未だにその答えは出ておりません。

ただ、ありがとうと言えない時、例えば言葉を含む暴力で、傷つけられそうになるときは、自分でバリアを張り、相手を好きでも嫌いでもない、無感覚の状態にする練習はしています。
バリアが破れる目安は、心が乱れるか乱れないか。
乱れるその手前で逃げちゃいます。
それを繰り返しているうちに、見えないバリアの層は厚くなってくるので、いつしか殺されてもありがとうっていえる心になるんでしょうかね?

まあ、なんにせよ、ありがとうという言葉を思うだけで、自分の生命力が高まります。
純粋な感謝の気持ちは、ドーパミンの分泌か高まり、72000本とも言われているナディー(気の流れ道)が浄化され、生命エネルギーやチャクラが活性化され、全身にいいエネルギーが伝わるのだと思います。
言葉のエネルギーの威力ってすごいのです。

病気になってもありがとう(身体からの警告)、嫌味言われても、ありがとうと否定的なものも純粋な生命エネルギーに感化できたらいいですね。
2007/02/25

鬱の克服

最近鬱状態で、自分の夢が見つからず、幸せもなんだか分からない、という相談をいただきました。

夢を持つことは確かに活力になりますが、夢を追い続けることによって、プレッシャーになったり、ストレスになる場合もありますしね。無理矢理頑張って、探す必要もないかとも思うんです。

逆転の発想してみて。そういう何も無いときこそ、ゴージャスな時間。ゆっくりとおやすみさせてもらっているんだーって思って、映画を観たり本を読んだり、旅したり、学んだり、栄養を蓄える。何か方向性が見えてくるヒントがその中にある場合も多いですよ。未知なる世界を開拓できるかもしれない。

人生ね、弓の弦は常にじわじわ引っ張りながら、弓の的が眼の前に現れるのを待っている。焦って引くと、変な方向に飛んでってしまったり、狙ってない的に当たって後悔しちゃうかもしれないし。でも、弓の弦を引いていないと必要な的に当たらないでしょ。
ゆっくりじっくり、時がくるのをじわじわと待って、ここ一発!っていう時に、狙った的に当てる。それが、1年後かも知れないし10年後かもしれない。その一瞬の為に直観は常に鍛える。生きがいや夢の的をゆっくりと吟味しながらね。

問題は鬱よね。鬱はねー。人それぞれ原因が違うから、はっきりどうしていいのか分からないんだけど、女性はホルモンバランスが崩れやすいので、自律神経の働きが乱れていたりするのよね。更年期も絡んでくるし、PMSもあるしね。

科学的にいうと、大脳辺縁系という喜怒哀楽を作りだす脳で、A系の快感神経とB系の抑制神経というのがあるらしいの。
この神経バランスの崩れが原因で、A系のノルアドレナリンという元気になるホルモンが多いと躁で、少ないと鬱になるらしい。
B系がセロトニンになるんだけど、セロトニンが過剰だと鬱で、多いと躁になるとか。
心は脳内物質の分泌によって揺れ動いてしまうの。

ただ、脳を含め身体っていうのは、健康な時は麻薬だって簡単に作れる優秀で完全な化学工場。でもストレス等打撃を受けちゃうと、工場の機械がおかしくなっちゃう。機械が繊細だとすぐ壊れちゃうでしょ、頑丈な工場を作っていかないといけないとしかとりあえず言えないかな。
でも、脳と中枢神経の働きが心の病気の鍵ね。

そーいえば、今日聞いた話なんだけど、心の病気治療で、マントラグループと薬物グループと手術グループに分けて実験したら、マントラグループが一番治療に効果があったとか。
ということは歌もとても鬱にはいいと思うわ。
2007/02/23

幸せになるために5  距離間が大事

若かりし頃、自分の言っている事が分かってもらえず、言い争いになったりするとストレスが溜まったりしていました。
自分は絶対間違ってない!正しいもんって信じて疑わなかった。無知でした。自分にとっての価値観が絶対であるように、相手自信の価値観も絶対なんて考えなかったのですもの。
人に自分を理解してもらいたいっていうエゴや気持ちが強く、トラブルの原因になっていました。

例えば悪口ばかり言っている人に、悪口はよくないってただ言ってもわかってもらえないばかりか、悪口の矛先がこちらに向いたりします。人間関係の溝が深まってしまうだけ。価値観は似ている人はいても、全く同じ人はいません。分かってもらおうとしても、無理なものは無理。

人間関係を円滑にする為には、相手との距離間を上手く保つ事って大事。この人とはこのくらいの距離を保つべきで、これ以上介入してはいけない!とかね。悪口ばかり言っている人でも、他の話題だったら、楽しんでお話できたりしたりするしね。

人間は価値観が異なっても、心が柔らかい人だと、相手との距離間は縮まりますね。でも心が硬く、価値観が異なり過ぎると、なかなか距離間が縮まらない。相手の心の雪解けを待つか、トラブルになる前に、相手との距離を離していく。
もちろん、自分の心は常に柔らかくするようにトレーニングしなくてはいけません。
ヨガを行なう目的は身体を柔らかくするのと共に、心も柔軟性を得ることでしょ。オープンマインド。視野が絶対広くなります。

自分が傷ついてしまうことの一つに、相手の心無い言葉がありますよね。私も無意識に人を傷つけてしまうこともあり、その度に反省しています。
かつては自分が傷つけられると、大体その人を嫌いになったり、恨んでしまっていました。
でも、実際傷つけているのはその人から吐かれた言葉だし、様々な因果が絡み合っている事を認識してみると、自分の考えは間違ってるのではないかとある日思ったの。
傷つけた相手の人格というか、その人自信を恨んではいけないんだって。
例えば、海でに大波にさらわれて溺れたとします。でも原因は風が吹いて、波が高くなったからでしょう。いつも海は穏やかでも、他の要素が加わる事により、魔物のように変身してしまう。でも、海の本質は穏やかで美しいものなんです。

人間、完璧な人なんていません。私なんか欠陥だらけです。
でもね、人間は大脳新皮質を持ってしまった限り、バランスとコントロールが必要なのです。ヨガのポーズもコントロールとバランスをとりながら、身体を柔軟にし、余裕があったら負荷をかけて訓練していく。
人間関係に悩まれていらっしゃる方は、相手によって距離間を上手くとりながら、心地よい自分の周りの環境作りを一度試してみてはいかがかしら。
2007/02/19

幸せになるために4 怒りは敵

怒ってばかりいる人って周りにいません?
私の知り合いの方で、怒ることが生きる活力になるんだっていう人がいます。
人それぞれなんで、私がどうこう言う事でもないんですが、私は個人的に怒る事はイヤです。というか、自分にとって余計なエネルギーの消費で、とても疲れちゃうし、怒ってばかりいる人の近くもエネルギーが強すぎて、バランスが崩れちゃう。

怒ることは自分や他人にどう影響を及ぼすのかしら?
怒れば相手もさらに逆切れして、言い争いになる事が多くないですか?
怒っているときは視野が狭くなって、全体が見れなくなってしまわないですか?原因は色々あるのに、一つのものばかり責めるようになりません?怒りや不安になって、いい結果が生まれますか?自分を苦しめるだけじゃないかしら。

怒ること不安になることは私の幸せを破壊する要素です。自分を不幸に陥れるだけ。怒りをが自分を破壊しないのは、どうしたらよいのかしら?
それもやはり、自分の心の訓練しかないのです。我慢強さが自分を幸せな穏やかな状態に戻してくれる。
怒りに満ちている時、不安な時は苦しい呼吸をしていません?
呼吸も怒りや不安から解放させてくれる一つの手段です。
自分で怒りを抑える方法を探していく、ちなみに私は口角を上げると柔らかい気持ちになります。怒っているときって、眉間にシワ作って、恐い顔しているから、顔を優しくしてあげるとなんか気持ちも楽になってしまう。
身体は精神のいい協力者なんですよ。

嫌なこと言われたらどうしますか?怒りに満ちて復讐しますか?でも怒りに満ちている時は碌な事起こりません。どんどん怒りが膨らんで、そのことばかり考えて、捕らわれて。眠れなくなり、病気になってしまいます。
私は嫌味とか言われる時もあるけど、今の自分はあまり人の評価とか気にしないし、自尊心もあまりない人間なので、わりと楽に生きてます。
昔は他人の目が気になって、悪口言われたりすると傷ついて、ストレス感じたりしていましたけどね。
ただね、他人の目は気にしないけど、自分の目はしっかりと無気力にならないようにコントロールして、間違ったことを出来るだけしないように、慢心したり、他人を傷つけないように、努力を怠らないように、ヨガを通して日々鍛えているつもり。(と言っても一生かかりそう、この修行は)
自分は自分で信じてあげて。自己を憎んだり、痛めたり、傷つけては絶対だめ。自分は自分のたった一人の最大の理解者なのだから。

怒りはよくないって言っていても、私は戦争問題とか、日本の政治問題等、時々信じられないニュースを聞いて怒ってしまいます。
ただ、自分がこの怒りによって、社会を動かせればこういう怒りは例外として意味のあるものだと思うのですが、自分は今のところ何も行動していないので、やはりこれも今の私には意味のない怒りなんだろうなー。(続く)
2007/02/18

幸せになるために3  他人との調和

ヨガで修練を積んだのに、人と接したくないため、人里離れたところに身を隠される方もいらっしゃいますが、やはり人間は社会と調和が重要だと思うのです。
でないと生涯孤独になってしまいますよね。
孤独が好きなら、それもかまいませんが、他人から愛情を注がれたり、優しくしてもらうことが幸せと感じることは人間の本能ではないかしら。逆に暴力を振るわれたり、傷つけられたら、不幸と感じますよね。

自分がされて嬉しいことを相手にしてあげることって大切です。
不思議と人に親切にしたり、愛情を注いだりして、相手が幸せになると、自分の内側からはさらに浄化された、いいエネルギーが湧いてくるんです。泉のようトクトクにね。
でも人を騙したりして、一瞬自分の利益を得たとしても、決して本物の幸せは得る事ができない。普通の神経の持ち主なら、自分が苦しくなるだけです。
だから人に優しくしたり、愛情を与えることが自分の幸せになるための重要な要素なのではないかしら?

相手を苦しませて騙している人は、決して幸せにならない。類は友を呼ぶのです。
でも、心優しい人の周りにはやはり同じような人が集まってくる。笑いにあふれて、幸せな人々が。どちらの友達が多いかは自分次第ですよね。
私だったら、死ぬまで優しい思いやりのある友達に恵まれていたいな~。相手の幸せを自分のように喜んであげたい。相手の悲しみも自分のように受け止めてあげられるように努力したい。

人っていうのは漢字でも2本の棒が支えあってるでしょ。自分が苦しくてコントロールが難しかったら、頑張って自分一人で解決しようとしなくてもいいんです。周りの人に助けてもらうのも大事。甘えたっていいんです。でも、誰かが困っている時には、手を差し伸べてあげる。
全てバランス。1本のものは弱いけど、色んな方向から支えてあげると強いでしょ。それと一緒。

バランスを上手にとれると、幸せの神様はきっと微笑むでしょうね。(続く)
2007/02/17

幸せになるために2  忍耐力

客観的に自分を観察できたら、まず乱れた感情の波を落ち着かせることをします。
私は、チャクラ、マントラ、呼吸、瞑想、視覚、聴覚等を使って、自分の感情をまずシャットアウトします。

心が落ち着いたらいよいよ本番。
忍耐を鍛える時。耐える訓練が感情をコントロールし、心を強くする。最初は大変だけど、心が強くなれば免疫力も高まり、ちょっとくらい辛くたって、辛いって感じなくなったりするかな。
どうせだったら、雑草のように強い心を保ちながら、生きていた方が人生楽だし、健康になれるし、幸せでしょう!自分をコントロールすることが幸せの大きな鍵。

ただ、耐えなければ!!と思って、無理してもダメ。自分が限界になるまで耐えようと思ったって逆効果。ヨガと一緒よね。ヨガだって限界までやったら、身体が壊れちゃうでしょう。
必ず自分の出来る範囲で忍耐力を鍛えなければダメ。
耐えられなくなったら、休んでいいの。無理は禁物。
私だったら、一人旅とかフラっとどこかに行って、気分転換する。
苦しいことってわりと一時的なものだから、又戻った時は心が落ち着いていたりするわけ。
で、戻った時、問題に立ち向かうと視野が広がっていて、問題の本質が見えたりするのよね。
でもね、自分を傷つけた人が目の前にいたとして、悲観的になるよりも、自分を鍛えてくれる先生だって思えるとハナマルあげちゃう!
多分ブログ読んでも「ふーん」て感じだけど、実際場を重ねないと鍛えられないものなのよね。舞台と一緒。練習していて、頭で分かっていても、舞台を経験して分かることが沢山あるの。感覚的なことでね。
ちょっとした想像力を駆使して、自分の世界をクリエイトできると素敵ね。

自分もこんな事書きながらも、実は心はまだまだ弱くて訓練中。
でも、NYに8年住んで自分が大分強くなったの。
海外で生活することは、思ったより大変だったから。
アパート等の手続きを終え、いざ生活が始まるときには$100位しか残ってなくて、即アルバイト生活(仕送りは一切無し)、言葉も全然話せなくて(英語が昔は嫌いだったのです、今は大好き)、人に裏切られたり(とても信用していた人だったので辛かった)、騙されたり(お金とられちゃったり他)、殺されそうになったり(ホールドアップ他)毎日がストレスの連続で。
でも今考えると、精神をかなり鍛えさせてもらったいい機会でしたね。(結構過激な鍛えられ方!)

今はストレスに襲われそうになっても、客観的な自分はストレスを楽しむ節がありますね。心が強くなっていく過程も面白いかな。私みたいに心が弱かった人間は、幸せになるキーは自分の心次第だって痛切に感じることが出来るのではないでしょうか?(続く)