FC2ブログ
2014/07/20

サルサデビュー

サルサを一番最初に踊ったのは、NY時代にベネズエラのルースという振り付け師のカンパニーでワークしていたときのこと。

ここのカンパニーでの活動はシアターの他にも、デリや公園、路上、トラックの中、教会などユニークな経験をたくさん積ませてもらった。

ルースは40歳代、セクシーで、友達もたくさんいて、とにかく明るい人格。
NYに留学して2年目で、英語も上手に話せない自分に、とても優しく接してくれてすぐに仲良しに。

リハーサルには彼女をヘルプするサポーターもスタジオに出入りして、いつもにぎやか。

トニーという、歳は30歳くらい、クリスティアーノ・ロナウドに似てる超イケメン男性もそのなかの一人。

パフォーマンスの打ち上げは大体サルサバー。

はじめて連れて行かれた時、サルサなんて全く踊ったことがなかったので、1人でぼーっとしていたら、トニーが近づいてきてくれて、「踊ろう!」と。

サルサなんて踊ったことがないから、彼の足を踏みまくりだし、リズム感も全くなし。

でもお酒の勢いで、いつの間にか気分だけはラティーノ。
その日は赤い靴を履いたように踊りまくり。

超迷惑だったかもしれないけど、熱いサルサデビューを果たす。

しばらくして、パフォーマンスがあっても彼の姿をみなくなり、
忙しいのかな?と思ってルースに尋ねると

「彼はエイズの症状が進んで余命わずかなの。今は全身斑点が出ている。」
と。

ショックで泣いた。

彼のボーイフレンドもエイズを煩い、美しい2人は若くして生涯を閉じたのです。

ラテンを踊る時、彼の魂の一部が自分の中に蘇えります。
スポンサーサイト



2012/05/23

ローザンス国際バレエコンクール

かなり遅れてしまいましたが、NHKで放送したローザンヌ国際バレエコンクールの録画を観ました。

毎年この番組をみていますが、今年の決勝はかつてみたことのない程のレベルの高さ。
こんな若くて、とてもアマチュアとは思えないプロ顔負けのダンサー達の競演でした。

最近の若い日本人ダンサーは顔が小さく、手足が長い。
そのうえ正確で、緻密、繊細さに加え、表現力もアップしています。

決戦に残ったダンサーのほとんどは素晴らしいテクニック、プレゼンススキルを兼ね備えていたので、大きな違いというのはやはりセンスの差。

音楽を聞いて踊るのとそれをリードして踊れるかは感覚的センスの問題。
振り付けの解釈の仕方も、時空の操作もセンスです。

菅井円加さんをはじめ観客賞をもらった15歳のハンナさん、ブラジルのエドソン君やドイツのミヒャエル君は全体的な個性とセンスがとても光っていました。

どんなことでもセンスが鍵ですね。
2010/09/22

アフロブラジリアンキャンプ2

アフロブラジリアンキャンプに参加した。
ヨガ仲間の知人が企画したキャンプである。

DSCN2856.jpg

場所は白州、尾白の森名水公園べるが。
総面積は6万坪という自然あふれるフィールドでの開催。
ブラジルの文化には 深く触れた事がないので、何が得られるかとっても楽しみ。

アフロブラジル文化とは、奴隷としてブラジルに連れてこられたアフリカ系住民達が、社会的な弾圧を受けながらもアフリカ文化を継承し続け、それが先住民や白人の文化と混ざり合い、さらに独自の文化に発展したというものらしい。

チェックインし、ベットを確保し、エネルギー補給のおやきをパクリと食べスタジオ入り。

最初のクラスはドラム。
カンドンブレの伝統的なリズムのレッスン。
カンドンブレというのはブラジルのバイーア州の民間宗教である。
コンガやジャンベドラムはアフリカンクラスでよく耳にするが、実際に叩いたことはない。

先生はドラマーとして権威のあるブラジル人。
彼の叩いたリズムを即座に覚え、リピートして生徒が叩く。

初心者なんだけど、、、、とあたふたしながらもかなり高いレベルでクラスが進む。
ついていくのに必死。
最後は「オパニジェーパドゥトゥー」という歌と「たたたんたたたんたたっつったっったたた~」というようなドラムと同時に行うが、手に汗、冷や汗

続いてアフロブラジリアンダンスクラス。
ダンス経験者が少ないにも関わらず、こちらも容赦しない。



まずはオリシャダンスに初挑戦。
アフリカンとムーブメントは非常に似ている。

カンドンブレの宗教では、アフリカ起源の神話や信仰が、キリスト教や先住民の宗教との融合により発展した神のことをオリシャと呼ぶ。

最高神オルドゥマレがイファ(運命)、オバタラ(天)オドゥドゥア(地)を作り、オシャラ(太陽)とイエマンジャ(海)を作った。
その他にもオグン(鉄)オシュマレ(蛇)オショシ(狩り)オシュン(川)など様々なオリシャが信仰されている。
オリシャダンスとは神々を司るリズムと動きをダンスという芸術に昇華されたものらしい。

3コマ目はシルヴェストレテクニック
モダンダンスのテクニックとアフロブラジルのテクニックを融合し、ホザンジェラが独自に開発したダンステクニック。
エクササイズはチャクラや4元素などのコンセプトを基盤にしている。
動きを通して宇宙と自然との繋がりを感じて踊るクラス。
まさに何故踊るのかというダンスのベースである。

オリエンテーションは野外のステージ前にて自己紹介。
ステージは雨の為板が反り上がり、今回の利用は出来なかったが、本格的にライトや音響も完備されている。
ここでパフォーマンス出来ないのが非常に残念。

夕食は山戸ユカさんという料理研究家が作ってくれたご飯。

http://www.romoshop.jp/shopdetail/005000000182/

DSCN2775.jpg

他、生春巻き、ペンネにトマトビーンズソース、サラダがたくさん等とマクロビ風ヘルシーフード。
もう動けない~というくらいまでたらふく食べる。

しかし温泉がクローズしてしまうというので、消化なんて待っていられず慌てて向かう。

http://www.verga.jp/modules/tinyd1/index.php?id=3

疲れたからだに温泉は最高。

お風呂からもどり、夜ヨガをしていたら、いつの間にかフロアーがヨギーニ達で埋まっていた。
疲れれば疲れる程、ヨガしたいって体が訴える今日このごろ。
明日の為のメンテナンスは欠かせません。
2009/08/15

八ヶ岳へ

山梨の仙人に嫁いだお姉さん的存在であるAさんが、パフォーマンスをするというので、八ヶ岳へ。
長坂高根に到着すると、Rちゃんが迎えに来てくれる。
彼女との再会は15年ぶりかしら?
仙人小屋のお弟子さんと恋に落ちて、その地に落ち着いてしまっているとか。

会場に到着。目の前はトウモロコシやなす、トマトがなっている。
自然に囲まれた会場に入り、思いっきり深呼吸。
何人かは久々の再会であるが、とても嬉しい。

簡単なリハーサルをしたあと、カリンバ奏者のBさんとギター奏者のJさんがジョインし、合同リハーサル。
キャンドルポットに火を灯し、舞台にセットし、客入れ。
用意していた席がなくなる程お客さんが集まる。

ギター、カリンバ、笛の演奏に観客の何人かは涙をながしていた。
そしてAさんのソロ。相変わらず美しい。
子供達の未来の為にのダンスでジョイントする。

機械を駆使して、刺激を求めるようなものが多い中、確実に自分は時代の逆を求めている。
音も原始的楽器の生演奏にはかなわない。
体の細胞に伝わるバイブレーションが全然違う。
優しいキャンドルの光や自然の空気に響きわたる音、その中で繰り広げられるパフォーマンスは空間、自然、宇宙の一体感を生み出す。

パフォーマンスが終わり、仙人宅にて打ち上げ。
仙人も感動されていたせいか、ご満悦であった。
イノシシの赤ちゃんを捕獲して家で飼った話とか、鹿に催眠術をかけた話とか、仙人ならではの楽しいお話。

朝4時に目が覚めると外は雨だがヒグラシと鳥達のいい声が八ヶ岳に響く。
マイナスイオンに包まれて、毎日がこんな目覚めならいいのにと思う。
2009/07/01

パフォーマンス終わりました

無事にパフォーマンス終了!
ソロで20分弱の作品を上演した。
観に来てくださった皆様どうもありがとうございました。

今回の舞台は、何回かのワークショップを重ね、本番までどんな作品になるのか本人も分からない位スリリングな舞台だった。
又、テクニカルもダンサーによっての運営だったので、公開ゲネや本番中のハプニングで集中力が一瞬切れてしまったが、どんなことが起ころうとも、パフォーマーは集中力が切れるなんてあってはいけないのは基本なのに。
何の為にヨガをしているのだろう。
反省し、鍛え直さねば。

言葉にならない程多くの事を学び、充実した日々だった。
作品自体はもっとシンプルにすべきだった。
あと1ヶ月違っていたら全く異なった作品になっていたと思う。
学んだ事を軸にして、又この作品をじっくり暖めます。
2009/04/14

迷宮入り

こんなに踊ることが難しいなんて。
もちろんそれをネガティブに捕らえている訳ではない。
時空を操作する、不自由な身体とどう向き合っていくのか?
すっかり迷宮入りしている。
2009/02/21

コンテ舞台の難しさ

昨日コンテンポラリーダンスのパフォーマンスを観た。
良いダンサーを集めていた。

ダンスのパフォーマンスは友人が出ていると、どんな舞台であってもその友人を応援してしまう。
だから作品がどうであれ、ある程度の満足感が得られたりする。

しかし私はよく舞台を観にいくが、知り合いが出演している作品は少ない。
そのようなステージは、ダンサーを観にいくのではなく作品を観たいと思う。
不必要なテクニックや自我の表現は、作品を壊してしまうし、発表会になってしまう。

最近感動する舞台がほとんどなく淋しく思う。
昔はよく舞台を観て、感動して震えて涙した。

作品作りは才能。
あまり自分は才能ないので、考えすぎると自分の作品も迷宮入りしていまう。
作り続けることのみ解決の糸口になるのでしょうね。
2009/01/22

ダンス仲間との再会

ダンスクラスに参加。
久々に汗だく。
ジャズダンスの感覚はかなり戻ってきている。
ゲスト外人講師のクラスで、彼のレッスンは15年以上も前に受けていた。
クラスも楽しいが、何よりも嬉しいのはダンス仲間との再会。
15年もしくはそれ以上ぶり。
今日も又嬉しい再会があった。
クラスが終わったあと、お食事しながら昔の話に花が咲く。
RICK ATWELL,FRED BENJAMIN,FRANKHACHETT,RIN SIMONSON,など自分のダンスの原点であり、大御所先生方はやはり未だに強烈な印象を私達に残している。

RICKの振付けたMOVIE
FAST FORWARD
20年前に観た幻の映画。もう一度観たい。
2008/09/15

舞踏パフォーマンスのお手伝い

土方舞踊の第一人者であるW先生のパフォーマンスのお手伝いをした。

私は舞台床昇降装置の担当。
舞台が開放され、昇降のチェック。
?????
以前使用した方が飲み物を装置にこぼしたらしく、ストップボタンを押すとそのままボタンが元に戻らない。
何回かガチャガチャ押しているとボタンが戻るけれど、本番中にボタンが固まってしまったらどうしよう!という不安でかなり緊張。

ステージが始まると何か又違和感がある。
照明を隣で調節しているにも関わらず、あまり暗くならない?
水銀灯が消灯していない!!!
照明さん汗だく。
スタッフはフリーズ気味。
結局ラストまでライトは消えず、50分間パフォーマンスは思わず予想外の照明に。
後悔先に立たず。仕方ないな。

でも明るい照明の中、パフォーマンスは素晴らしかった。
強さの中にも繊細な日本的美しさを兼ね備え、さすがと思う肉体と空間使いに見惚れてしまった。
舞踏独特の表現力は、混沌とした戦後の日本が生み出したものであり、その時代を経験したもののみが、その言葉でいいようのない身体と空間を表現できるのかもしれないと思う。
外人の方や若いダンサーの所謂舞踏とは繊細な部分で大きな違いがある。
(先生は否定されていたが)
今一番学びたいことなのに、先生は現在教えられていないので残念に思う。

無事終了し打ち上げ。
貴重な体験させてもらいました。合掌。
2008/09/09

最近の舞台を観て

最近続けざまに舞台を観ている。
ダンスが主であるが、どの作品を観てもあまり心に響かない。
私のレセプターが欠如しているのからであろうか?
表現するとはとても難しい。
肉体が表現の主体であるが、その肉体が邪魔する。

日本で人気の無機質や無感情、テクニック中心主義、ノイズ音、映像を交えた前衛的ダンスはあまり好きにはなれない。
心を動かすものは何もない。
と言っても短絡的な一元的な作品も退屈に感じる。
ダンス作品の主流は、日本の社会的現象と深く関係がある気がする。

最近は作品がどんなに失敗しても批判されてもいいと思うようになってきた。
ただ自分が本当に踊りたいものをしっかり模索しよう。
何故踊りたいのか、何の為に作品を作るのか、何を踊りたいのか?が常に核である。
イメージはあるのだが、肉体を通すと別物になってしまう。
でもそこが面白い部分であり、醍醐味であろう。

流行や傾向に流されず、虚構の中でも真実を体験したい。